岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数829件/2019年10月13万PV]

月別アーカイブ

ページ

iPad ProとApple Pencilでお絵描きを始めます宣言

今年(2019年)の春先ぐらいから、「令和元年ということで元号も新しくなったので、自分も何か新しいことでも始めようかな~」とぼんやり考えてました。そう、考えていたんですけど、その新しく始めたい何かのアイデアは思い浮かんでは忘れて、思い浮かんでは忘れて、の繰り返しの日々を送ってました(汗)
まぁ忘れてしまうということは、そこまでやりたいことでもなかったんでしょうね。多分。
で、1ヶ月ほど前だったか、dマガジンでMac Fan(2019年10月号)という雑誌の表紙がふと目に留まりました。

「iPadでイラスト上達講座」。
なんかこれ面白そうだなと思ってその特集を読んだのですが、その特集を読んでようやく新しく始めたいことが決まりました。
そうだ、iPadでお絵描きをしようと。
というわけで、今回はお絵書き超初心者の私ヨッシーがiPadでお絵描きを始めることにした話あれこれです。
最初に言っておきますが、有益な情報は特にありませんのであしからずで(笑)

iPadで絵を描くことにした理由

自分がiPadで絵を描くことを始めようと思った理由はいくつかありますが、主な理由は下記に挙げる4点が大きいです。

(1)創作活動が好きだから

自分が創作活動が好きだからというのが一番大きな理由かもしれません。
たとえば、趣味のギターでフレーズやリフを作って弾いたり、曲(メロディー&コード進行)を作ったりというのは音楽での創作活動だし、このブログも4年半以上も記事を投稿して続けてますが、ブログは文章での創作活動です。
もちろんギターとブログでは手段もアウトプットされるモノも違いますが、自分自身のアイデアや気持ちを形にする「創作活動」であるという根本の部分は全く同じだなと思うわけです。カッコよくいえば「クリエイティブな作業」って感じですね。
まぁそんなわけで、絵を描くというのも同様で、手段やアウトプットされるモノは違うけど、同じく創作活動なので、今まで手を出してこなかったけど、わりかし自分の性に合っているんじゃないかと、ふと思ったわけです。
そして、意外に始めてしまえば、ギターやブログと同様にハマって、楽しんで続けられる趣味になるんじゃないかなと思ったわけです。楽しみが増えると嬉しいなって感じです。

(2)制作環境が既に整っている

iPadで絵を描くためには、(Aplle Pencilが使える筆圧感知に対応した)iPadとAplle Pencilが最低限必要になるわけですが、既にこの2つのアイテムは3年前(2016年)に購入しているので、やろうと思えばいつでもiPadで絵描きを始められる制作環境が整っているわけです。

【関連記事】
アップルストア名古屋栄店に行ってきた~iPad Pro&Apple Pencil体験記~
iPad Pro & Apple Pencil商品開封の儀&iPad Pro初期セットアップ方法・手順
Apple pencilの活用方法&キャップ紛失防止カバーのススメ

また、iPad Pro(初代モデル)に入れて使うお絵描きアプリは無料アプリ(MediBang Paint)もあるし、有料アプリ(PROCREATE/1,200円前後)もその時になぜか既に購入していたので、今から始めるにあたっては初期投資ゼロで始められます。
iPad Pro自体は3年前からずっと使ってきたけど、Aplle Pencilに関してはiPad Proでノートアプリを最初の頃に使っていたときだけで使っていたきりで、ノートアプリを使わなくなってからは全く使うことなくここまできてしまっていました。
そもそもAplle Pencilは10,000円前後で購入したアイテムなので、使わないのは非常にもったいないなと。

ついでにいうと、自分が購入したiPadはiPad Proの12.9インチモデル(ほぼA4サイズ)ということで、画面が大きいぶん、絵を非常に描きやすいモデルなわけです。
そして、Aplle Pencilの筆圧感知に対応しているので、Aplle Pencilのペン先をあてる強さや角度で絵のタッチを繊細に調整することができるモデルのiPadでもあります。つまり、すごく絵を描くのに最適な環境が整っているわけです。

これだけiPadで絵を描くのに最適な制作環境が既に整っているのだから、その後どうなるかは分からないけど一度はトライしてみるべきだなと。

(3)いつでもどこでも気軽に描ける

ブログを書く場合は、机の椅子に座って机に置いてあるパソコンを起動して文章を書くみたいな感じですが、iPadで作業する場合は、場所を選ばないので机でなくても構いません。
iPadなら、ソファーに座った状態でも、布団で寝転んだ状態でも、はたまた外出してどっかの喫茶店やファミレスの机でも、iPadを持ち運んでどこでも気軽に絵を描けちゃいます。

そして、どこでも作業ができる=特定の場所に行かなくても作業できるというので、時間的な制約を受けずに、いつでも作業できます。自分が絵を描きたいと思ったら、いつでもすぐにやれちゃいます。

「いつでもどこでも気軽にやれる」という条件は何かを継続して続ける上でかなり強いアドバンテージだと自分は考えているわけですが、iPadで絵を描くという作業はこの条件を満たしているので、これならストレスなく続けられそうだなと思ったわけです。

(4)アウトプットを簡単にシェアできる

上のイラストは自分がiPadのProcreateというアプリで描いた絵なのですが、お絵描きアプリで作成した絵はすぐさまJPG・PNG画像で書き出して、ブログやSNS(ツイッター、インスタ等)にアップして不特定多数の皆さんに簡単かつスピーディーに絵を公開することができます。
この創作物をネット上に簡単かつスピーディーにシェアできるというのは、紙にペンで描く絵と、iPadに描く絵との大きな違いなのかなと思ったりもします。

こういうふうに、自分の創作物をクローズドに自分だけに留めずに、不特定多数の人にシェアして公開して見てもらうことで、レスポンスをもらえると、自分自身のモチベーションに繋げることができると思うわけです。
自分は絵はまた始めたばかりのド素人なので全然上手く描けませんが、絵を見た第三者から「味があって良いね」とかなんとか言ってもらえたり(お世辞かもしれないけど)、「いいね」をもらえたりすると、なんかやっぱりちょっと嬉しくて、もっと絵を頑張ろうとモチベーションになったりしています。

というわけで、基本的に創作物のアウトプットはブログやSNSなどに一般公開して、なるべく多くの人に見てもらって、レスポンスが得られたらいいなと考えるのですが、その状況を簡単かつスピーディーに実現してくれるiPadは最強アイテムだなと。

ヨッシー的まとめ

そんなわけで、令話元年(2019年)既に残り3ヶ月ですが、私ヨッシーはこれからはiPadでの絵描き・イラスト描きを独学でマイペースに始めていく所存でございます。
まぁ毎日は多分やれないけど、週に数回は時間を確保して続けていければと。
このために購入したイラスト練習本でイラストの基礎練習をしつつ、それと並行して、自分オリジナルの絵の作品も描いていければなぁと思ってます。
というわけで今後、このブログの記事でも記事によっては挿絵とし使っていくつもりです。ツイッターとかにも多分、アップしていく予定です。

てか、あまり個人的に「これから◯◯をやりま~す!」的な宣言は、あとで何かの理由でそれを止めたときにバレるので、あんまり宣言しない派なんですが、なんとなく今回はちょっとブログでも宣言してみることにしました。
まぁ結局のところは、とりあえず一度はやってみないと自分に合う合わないは判断できないので、とりあえず今自分が興味があることなのでやってみようと思います。
NIKE派じゃなくてadidas派だけど、最後に言わせてもらいましょう。
「Just do it !」

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・グルメ巡りなど。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で経験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/
ページトップへ