岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数830件/2019年11月10万PV]

月別アーカイブ

ページ

中古本のススメ&Amazonで中古本を買う方法

今回は本好きの人で本をよく買う人に、私ヨッシーの提言ということで「中古本のススメとAmazonで中古本を買う方法」について書きたいと思います。

本は中古本でも良いなと思うようになった理由

自分はAmazonで本を買うことが割と多いんですが、長らく、というかここ最近までは新品の本を毎回買ってました。
なんとなく自分の昔からの購入習慣の惰性なので、新品の本を買うという行為自体をそもそも意識することもなく、ただただ新品の本を買ってきました。
それに、Amazonのサイトの商品ページでは基本的にAmazon自体が販売している新品の本がデフォルト(既定)で選択されているので、カートに入れて買い物手続きをすすめると、必然的に新品を購入することになっているので、中古本を意識することがなかったのです。まぁ、あたりまえの話なんですけどね(^^)

でも、今年ぐらい(2019年)になってからふと思いました。本って中古で別に良いんじゃね、と。
そもそも、自分が本を何のために買うかといえば、その本に書いてある活字情報を読むことで新たな情報・知識・知見を得たいとか、(小説・エッセイなどの)ストーリーを楽しみたいといういうのが目的なわけです。
で、その目的というのは、新品のピカピカの本を買っても、中古で多少イタミやヨレがあるかもな本を買っても、どちらでも達成可能なわけです。
てか、それなら新品の本を定価で買うより、中古で定価より安い本を買ったほうがお得で良いんじゃね、と思ったわけです。
別に自分は潔癖症でもないので、第三者が使っていたモノを使うことが嫌だ、というタイプでもないので。

そして、その節約の観点でいうと、新品と中古本ではモノによって価格差が500円、場合によっては1,000円以上もあったりして、結構大きかったりするのです。
新品の本(販売元がAmazon)を購入すればAmazonポイントが付与される(1%~)といっても、それを相殺してもはるかに上回る価格差で中古本のほうが安くてお得なことが多いのです。
そして、本を何十冊、何百冊と買っていた場合、チリも積もればなんとかと言ったもので、かなりの価格差になってきます。
自分はヘビーな読書家というわけでもないですが、月にだいたい平均で毎月3冊ぐらいは本を購入しているので(積ん読も多いけど(*_*))、ここは節約できるポイントだなと遅ればせながらようやく気付いたわけであります。

それに、1度読んだ本は基本的には部屋の本棚に収納しっぱなし状態になりますしね。
たまに参考書などの本やよっぽど自分が気に入った本は後から読み返すこともありますが、ほとんどの本を一度読んだらそれっきりで終わりで、また読み返すということはあまりありません。
そう考えると、本は毎日繰り返して使うような性質の商品(パソコン、机、椅子、コーヒーカップ)ではなくて、使う(=読んでいる)期間がごく限られている商品なわけです。
それならなおさら、中古で安いのを買って節約したほうが良いんじゃないかと思えてきました。

まぁそういう考えに至ったのは今年(2019年)になってからなんですけどもね。てか、気付くの遅スギちゃんですが(苦笑)
でもそんなわけで、最近はAmazonで本を買う時は中古本を買うことが非常に増えた今日このごろです(^^)
もちろん、場合によっては新品を買うことありますが、新旧折りませながらという感じになりました。

Amazonで中古本を購入する方法・手順

上記で中古本の良さを自分なりに力説したわけですが、最後にAmazonで中古本を購入する方法を紹介したいと思います。
以下、PCでAmazonの本のページを閲覧したときの画面で解説していきます。

今回、自分が購入する書籍はこの本です↑
ちょっと絵でも始めてみようかなと思いまして(^^)

Amazonの本のページ上でそのまま「カートに入れる」ボタンを押すと、新品の本を購入することになります。
この本の場合は新品だと1,188円(ポイント12pt)ですね。
が、価格が表記されている部分をよく見ると、「中古品の出品」というリンクがあるので、それをクリックします。

すると、中古本をAmazonに出品している本屋さん(Amazonマーケットプレイスの出品者のこと。楽天でいうところの個々の楽天ショップ)の一覧がずらっと表示されます。
デフォルトで「商品価格+配送料」の安い順番で並んでいるので、価格重視で購入するなら、一番上のショップを選んでおけば基本的にオッケーかと思います。
もちろん、価格以外の他の要素(本のコンディション、販売業者の評価数・平均評価・口コミ、配送時期)も気になる人は多いと思うので、それらについても一応目を通しておいたほうが良いとは思いますけども。

この本の中古本で一番安い本は(商品)221円+(送料)350円=571円で、新品だと1,188円なので、中古本で買えば新品よりも617円安くなるということになります。まぁ新品の場合は、Amazonポイントが12pt(1pt=1円)が付与されますが、それを相殺しても605円安いわけなので、やはり結構な価格差だなと思いますね。はい。

この中古本一覧の画面で一番価格が安かった本屋さんを選んで購入することにしました。「カートに入れる」をポチっとな。

というわけで、ポチクリして購入しました。

ヨッシー的まとめ

まぁもしよほどの潔癖症でもないのでしたら、新品の本ではなくて中古本を買うようにすると、価格差が大きいぶん、書籍代をかなり節約できるのでかなりオススメです(^^)
てか、新品であれ中古本であれ、同じ本から得られる情報・知見・楽しさは同じですしね。
特に本を毎月買うような人にとっては、書籍代は結構バカにならない金額になってくると思うので、中古本で本を安く買って書籍代を少しでも抑えるのはかなり有効だと思います。その節約できたお金でさらにもう数冊本も買えたりしますしね。

というわけで、「本を新品で買うのもいいけど、本によっては中古本を買うという選択肢を自分の中に取り入れて実践してみると、ちょっとハッピーになれるのではないでしょうか(多分)」という、自称・なんちゃって読書家ヨッシーの提案・提唱でございました~(^^)
2019、読書の秋の季節ということで。

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・グルメ巡りなど。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で経験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/
ページトップへ