岐阜県なんちゃってブロガーyossyの書き綴るブログ。[公開記事477件/2016年11月27万PV]

カテゴリー

固定ページ

美濃市”うだつの上がる町並み”を散策してみた~美濃市おすすめ観光スポット~

yossy'sイチオシ記事セレクション

前回前々回と立て続けに美濃和紙あかりアート展の記事を書いていたら、美濃和紙あかりアート展の開催場所の美濃市の”うだつの上がる町並み”にまた行ってみたくなってしまったので、先週の日曜の午後にふらりと美濃市の”うだつの上がる町並み”に行ってきました。
というわけで、今回は美濃市の”うだつの上がる町並み”の散策レポートです(^^)/

”うだつの上がる町並み”とは

ただ先に名称的にどうしても気になりがちな「うだつ」と「うだつの上がる町並み」という言葉の意味についてだけ簡単にご説明でも。
他サイトに分かりやすい説明があったので以下そのまま引用させてもらうことにします。

国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。
「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。
美濃和紙1300年の歴史を誇る美濃市は江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っています。町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、古いたたずまいを見せています。なかでも、国の重文指定になっている造り酒屋の小坂家住宅や市指定文化財の旧今井家住宅は庭や蔵などに往時の繁栄を今もとどめています。

つまり、うだつは火事の延焼を防ぐために屋根の両端に設けられた防火壁。
↓実際はこんな感じです。ん~、立派なうだつですがな。オイラもうだつの上がる男になりたいもんですがな(予定は未定)

01

もとい、江戸時代に商人の町であった美濃市の中心部には、”うだつの上がる町並み”として昔の街並み・建造物をそのまま現在に残していて、歴史的にも貴重な町なわけです。
そして”うだつの上がる町並み”は美濃市の人気おすすめ観光スポットの1つであり、人気イベントの美濃和紙あかりアート展(毎年10月開催)の開催場所でもあります。

ちなみに”うだつの上がる町並み”の場所はこのエリア一角です↓

自分の場合、”うだつの上がる町並み”に行く時は毎回車ですが、もし電車で行くなら長良川鉄道の美濃市駅が一番の最寄り駅です。
ただ美濃市駅から徒歩17分(1.4km)ほどちょいと歩く必要があります。

美濃市の”うだつの上がる町並み”を散策してきた

説明的なのはこれぐらいにしておいて、あとは私ヨッシーが”うだつの上がる町並み”を散策してきた時の体験レポを以下書き記したいと思います(^^)/
美濃加茂から車で北上すること約30分ちょっとで目的地の”うだつの上がる町並み”に到着しました。
駐車場はうだつの上がる町並みのエリア内や近郊にそこそこあるので、美濃和紙あかりアート展などのお祭り・イベント以外の時ならまず車は停められるかと。
今回はエリア内にあるココの駐車場に停めることにしました。駐車場協力金1回2時間100円。
てか駐車場協力金という募金箱みたいなのがあるだけで、駐車場出入り口は開けっ放しだし、どんだけ性善説なんだと(^^)/

01

うだつの上がる町並みの散策マップは下記の通りです。
メインの大通りの一番町通りと二番町通りが平行していて、マップにある赤色&黄色の線で囲む長方形部分が、うだつの上がる町並みの中心エリアという感じです。ちなみに今自分がいるのは一番町通りの赤丸の現在となっているパーキング(P15台)ですな。
散策コース的には2番町通り→うだつの町並み通り→1番町通りとエリアをぐるりと1周してみるコースで行こうかなと。

02

では、レッツ・ゴーで。

一番町通り→二番町通り

路地裏いたいな通りですな。

03

img_4742

img_4744

img_4747

img_4748

img_4751

img_4753

美濃和紙あかりアート展(2016年)のポスター発見(´・ω・`)

img_4754

二番町通り

img_4757

img_4758

img_4760

img_4764

img_4765

山本屋(美濃店)。

img_4767

なんかいい感じの和菓子がいっぱいですな。これは要チェックですがな。

img_4772

店内で試食で食べ比べさせて頂いて、このほうじ茶豆を購入しました。

img_4769

このほうじ茶豆、めっちゃ美味しいです。甘さほどほどでお茶やコーヒーのつまみ菓子に最適でした↓マイウー♪

img_5038

散策の続きっす↓

img_4773

img_4775

img_4776

↓こっちは二番町通りの無料駐車場(15台)ですな。

img_4778

img_4779

img_4788

img_4785

img_4786

img_4793

img_4799

img_4802

img_4804

img_4806

img_4810

img_4821

img_4827

img_4829

img_4830

img_4832

img_4834

「紙遊」という和紙と和紙製品のセレクトショップのお店。いざ店内へ。
img_4839

美濃和紙と関わりのある興味深い商品ラインアップがたくさん揃っていて、かなりテンションが上がりました♪
結局、個人的に気にいった美濃和紙のアイテムを3点購入しました。

img_4865

1点目がこちらの美濃和紙コースター。

img_4868

購入したのは、右の水色&茶色のコースターです。

img_4871

2点目は美濃和紙タオル。なんと素材が和紙50%/綿50%という配合で。
今実際に使ってますけど、和紙が素材に使われているので手触りがなかなか独特で程よい硬さがお気に入りポイントです。
てか、他県の人のお土産にこの美濃和紙タオルとかとても良い感じかも。値段もかなりリーズナブルだし。

img_4909

3点目はお風呂で使うほうの和紙タオルですね。これも手触りが気にいったので購入しました。

img_4902

img_4908

買い物完了。また散策再開でごんす。

img_4927

img_4929

うだつの町並み通り

img_4931

img_4933

img_4935

img_4938

1番町通り

img_4939

04

img_4943

05

img_4947

img_4955

img_4957

img_4959

img_4960

img_4962

img_4964

img_4965

img_4968

img_4969

img_4971

img_4972

img_4975

img_4976

img_4978

img_4979

img_4980

img_4981

img_4983

img_4985

img_4988

img_4989img_4991

img_4993

img_4994

img_4995

あかり館「彩」は、和紙・麻・木など自然素材を使った照明を販売しているお店です。

img_4996

照明の光が柔らかいのが魅力的ですな。ぼーっと照明を眺めているだけでなんか癒されます。

06

そしてこちらはあかり館「彩」のお隣にある、創作提灯やランプシェードのお店「らんたん屋」。
工房と店舗が一体となっていて、お店の職人の方の実際の制作工程を生で見ることできます。というか直に拝見させて頂きました。

img_5002

職人さんに興味深い和紙のお話を聞かせて頂いて、帰り際にこの小型シェードを購入しました↓

07

価格はなんと1,000円前後とリーズナブル価格♪
電池式なのでコンセントも要らないし、片手サイズで持ち運びも良いし、ライトがレインボーカラーで色の変化も楽しめるし、何よりシェードの和紙の素材とその模様がお気に入りポイントです。自宅で楽しみたいと思います(^^)/

08

以上、「美濃市”うだつの上がる町並み”を散策レポート by ヨッシー」でした。
間違いなく、うだつの上がる町並みは美濃市の超おすすめ観光スポットです。
特に美濃和紙に興味のある人は必見かと(^^)/

メッセージ・感想フォーム

このブログの記事に関してメッセージや感想などあれば、下記フォームよりご連絡下さい(^_^.)

お名前
メールアドレス
メッセージ本文
岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

ギターのジャック挿入口が破損してシールドが繋げなくて困りんご(>_<)
というわけで、AmazonでGibsonジャックプレートをポチリました。
早く届いて~。

人気の記事

月別アーカイブ

ページトップへ