岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数876件/2020年4月8万PV]

月別アーカイブ

ページ

新iPhone SEへの機種変更は
店頭ではなくオンライン手続き
安全×お得×簡単×スピーディー!

Zoomでオンライン飲み会(お茶会)をやってみた

どうも、コロナウィルス問題で絶賛・外出自粛中のヨッシーです。
つい先日(2020/4/16)、緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されて、我が地元の岐阜県もコロナウィルス感染者が増加中のためその対象地域とやらに指定されてしまいました。なんてこった(*´Д`)
とにもかくにも、「3蜜を避けよう!外出を控えよう!人との接触7~8割減!」なんて言われている状況なので、自分も不要不出の外出はなるべく控えて、リアルで人に会うのも極力減らすようにしている今日このごろです。

オンライン飲み会、オンラインお茶会とは?

そんな状況なので、今まで気楽にお茶したりご飯を食べてた知人とも3月以降はリアルで会うことができなくなってしまいました。
とはいえ、たまにはどうでもいいしょうもない話を誰かと話したいし、お茶したいし、飲み会をしたい!
そんな自分の望みを叶えるべく、最近流行りの”アレ”をやってみることにしました。
そう、オンラインお茶会&オンライン飲み会ってやつです。

耳馴染みのない言葉なので簡単に説明しますと、オンライン飲み会は、スマホ・タブレット・パソコン等のデバイスのカメラとマイク機能を使って、直接会わずに各自が自宅の部屋等から映像と音声を繋いでオンラインの画面越しに会って話して宅飲みするというスタイルの飲み会・お茶会のことです(多分)。
で、宅飲みする飲みものがお茶ならオンラインお茶会で、飲むのがアルコールならオンライン飲み会みたいな感じです(適当)。

とりあえず、たまには誰かとどうでもいい話をダラダラとして、ストレス発散したいなと。
というわけで、知人を誘ってZoomという無料アプリを使い、オンライン飲み会とオンラインお茶会をテスト的に開催してみることにしました(^^)

Zoomでオンライン飲み会(お茶会)にする上での注意点

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

Zoom無料posted withアプリーチ

まずオンライン飲み会に利用するアプリですが、「Zoom」というオンラインのビデオ会議に使われるアプリを使用しました。
まぁ自分の用途的には本来のオンラインの「ビデオ会議」ではなくて、オンラインの「飲み会」ということで、目的語が異なるわけですが(笑)

このZoomというアプリの良いなと思う点は、ゲスト側(飲み会に誘われた側のメンバー)はメールアドレス等の会員登録をわざわざしなくても、利用するデバイス(スマホ・タブレット・パソコン)にZoomのアプリさえダウンロードしておけば、どのデバイスからでも簡単に参加できる点です。

設定によっては専用の会議用URL(飲み会用URL)をクリックするだけで会議(飲み会)に参加できる簡単さです。参加者の負担・手間が少なく設計されているのが非常に良き点だなと。

ただZoomでオンライン飲み会をする上で一つ注意点は、無料プランでは3人以上の会議(飲み会)だと、40分で一旦会議が強制終了になる点ですね。
なので、無料プランの場合は40分経ったらホスト側がまた会議を新規で開催して、ゲストに招待メール・招待LINEを送る手間が発生します。

他にも有料プランと無料プランの違いはあるようですが、オンライン飲み会をする上でネックになる点は上述の1会議40分の時間制限かなと思います。
ちなみに自分は試しにZoomの有料プランに入ってみたので、自分が主催する側のオンライン飲み会は時間無制限でやることができる状態になりました(^^)

Zoomでオンライン飲み会(お茶会)をやってみた感想

というわけで、オンライン飲み会を今月に2回ほどテスト開催してみました。
まず1回目は自宅の自分の部屋で椅子に腰掛けてビール片手にタブレット(iPad)で参加して約1時間ほど、2回目はコーヒー片手にデスクトップパソコンからの参加で2時間ほどの会でした(人数はどちらも3人で)。
というわけで、オンライン飲み会(お茶会)をやってみた率直な感想を以下に述べたいと思います。

会話のタイムラグや映像の画質は問題なし

自分的にオンラインで一番気になるのはネット回線を使用することによる映像の乱れや音声の遅延だったのですが、全然問題ありませんでした。
自宅ネット回線はフレッツ光回線のWiFi接続なのですが、実際に知人と会っているときと同じように飲んでお茶している感覚でしたね。違和感はありませんでした。
このように雑談で会話をする程度では遅延のタイムラグは全く気にならないですね。
(まぁレー・テン数秒の遅れすら許されないような楽器のオンラインセッションとかなると話は別かもですが。)
オンライン飲み会、これなら全然いけるなと思いましたね。
映像の画質の乱れに関しても、各参加者の自宅のネット回線が安定していたのもあるかもですが、特に映像の乱れもなくという感じでした。

自分の部屋の様子が参加者に見える点

オンライン飲み会は相手の顔表情が見えるビデオ映像有りでやることが多いと思いますが、その場合、参加者に自分の部屋の状況が顔の後ろ背景として映る点はちょっと注意が必要かなと思いましたね。
実際、自分の背景に映る乱雑に書類を置いている棚のことを参加者の知人にイジられてしまいました(苦笑)
なのでもし対策するなら、画面に映る背景の部分の部屋の掃除をしておいたり、カメラの配置・アングルを変えて片付いていない部分が映らないようにしたり、Zoomのバーチャル背景という機能で部屋の様子が全く映らないようにするとかで対策したほうが良いのかなと。
まぁ生活感まるだしでもオッケーというスタンスなら特に何もする必要はないかとは思いますが・・(^^)

時間とお金の節約ができる

自宅での宅飲みなのでお店に足を運ぶ必要がないぶん、お店への往復の交通費や時間もかかりません。つまるところ、移動時間も交通費もゼロです。
Zoomのアプリを起動するだけですぐに飲み会・お茶会に参加できてしまうお手軽さです。
あと、宅飲みだと飲食代もお店で飲み食いするよりもはるかに安上がりになるので(料理の味や雰囲気はさておいて)、時間とお金の点ではリアル飲みよりもオンライン飲みのほうに軍配が上がるなと思いました。

人を気軽に誘いやすい

オンライン飲み会は宅飲みで外出する必要がないので、子供さんとかいる家庭持ちの知人でも割と気軽に誘いやすいのかなと思います。
結婚して小さい子供がいる知人とかだと、気兼ねしてなかなか自分から飲みとかお茶に誘うというのはできませんが、オンライン飲み会(お茶会)なら自宅から簡単に参加できるので誘うハードルが低いなと感じています。
というわけで、今度まだリアルで長らく会っていない遠方の知人たちにオンライン飲み会に打診してみようかなと密かに計画中です(^^)

ヨッシー的まとめ

以上、Zoomでオンライン飲み会(お茶会)をやってみた話でした~。
このコロナウィルス問題での外出自粛生活がいつまで続くか分からない状況なので、自分は誰かと猛烈にどうでもいい話をしたいときには(笑)、このオンライン飲み会(お茶会)を使ってストレス発散していこうと思っている次第であります。
というか毎年恒例で開催されているいくつかの飲み会も、もしコロナウィルス問題がまだ続いているようなら、オンライン飲み会に切り替えて今年は開催しようと本気で思ってます。

あと最後に。もし私ヨッシーとオンライン飲み会(お茶会)をしたいという方がいましたら、メールフォームなりSNSよりお気軽にご連絡下さい(^^)

お問い合わせフォーム

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)

岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。趣味はギター・グルメ巡りなど。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常生活で経験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
あと、有料オンラインサポート始めました。
yossyに直接何か個別でご質問・ご相談したい方はご利用下さい。

ページトップへ