岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数727件/9月18万PV]

月別アーカイブ

ページ

【ライブ行き帰り道中レポ】B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 in 豊田スタジアム

前回、B’zの豊田スタジアムでのライブ本編のレポ記事を書いたけど、今回はライブ本編以外の部分の話(ライブ会場に行き帰りのの道中の話とか)を書こうかなと思います(^^)/

豊田スタジアムに電車で行くことにした理由

豊田スタジアムに行くことが自体が今回お初でした。というか、豊田市に行くこと自体がお初かも。

で、自分の住まいの美濃加茂市からだと、豊田スタジアムまで行くには車と電車のどちらで行くのがいいのかなーと。
車だと高速道路(東海環状自動車道:美濃加茂バイパス→豊田勘八IC)を使えば、豊田スタジアムまでは59分。
うちの最寄りの駅から電車で行くより断然早そう。ただ、豊田スタジアムの周辺は駐車場があまり多くないとは聞いてました。
豊田市は土地勘が全くない場所だし、車で行ったものの停める駐車場が見つからなくて、ライブに行けないとかは最悪なので、今回はやはり無難に電車で行くことにしました。

でも電車も最寄り駅(美濃太田駅)から行くと時間的に大変すぎるので、JR高蔵寺駅まで車で行って(40分)、高蔵寺駅から愛知環状鉄道で一本で新豊田駅まで行き(37分)、新豊田駅から歩いて豊田スタジアムまで行く(23分)ルートで行くことにしました。なので、時間を合計すると計算上は1時間40分コースです。車よりだいぶ時間はかかるけど、それはしょうがない。
というわけで、レッツ・ラ・ゴーで(^^)/

行きの道中(車→高蔵寺駅→新豊田駅→徒歩)

高蔵寺駅に行くのも今回はお初。今回は初めて行く場所が多いライブなことで。
高蔵寺駅の近くに車で来たら、駐車場を探すべく駅の南口を少しうろつくと、名鉄協商パーキング(入庫12時間まで最大800円/高蔵寺駅まで徒歩3分)をすぐに発見。ラッキー(^^)/
ここの駐車場に停めて高蔵寺駅まで行き、愛知環状鉄道(岡崎行き)に乗って新豊田駅まで向かいました(37分)。
高蔵寺駅は愛知環状鉄道の始発駅なので座席にも座れました。

ちなみに新豊田駅は高蔵寺駅から11番目の駅ですね。はい。
新豊田駅に近づくにつれ、徐々に電車は混んできたんですが、乗車客は明らかにこの日のB’zのライブに行く人達が多かったですね。話している会話や服装を見ればなんとなく分かります(笑)

16時頃に新豊田駅に到着&下車。
新豊田駅 東口を出るとこんな感じ↑
この道を(東の方角へ)ひたすら進むと、23分ほどで豊田スタジアムに到着します。てか、地味に遠いんですけど(苦笑)。

てか、豊田市って田舎だと思っていたんですけど(失礼)、結構都会なんですね。
駅近くには松坂屋とかのデパートやら商業施設のビル・お店など結構ありました。
さすがは世界のTOYOTAのお膝元ということで。

B’zのライブ開演時間は18時。
とりあえず今回B’zのライブに一緒に行く知人と合流するまでは、適当に駅前の商業施設を散策しながら時間をつぶすことに。
16時半過ぎに知人と合流。というわけで、豊田スタジアムまで向かいまっしんぐ。

てこてこひたすら東に直進で歩いていくと、豊田スタジアムが右前方に見えてきました。
ちなみにこの写真の時は17時頃に豊田大橋を渡っているところです。もうこのあたりまで来ると、完全にあたりいったいB’z軍団です(笑)

ライブ前の豊田スタジアム(B’zライブグッズ・会場の様子等)

こちらがお初の豊田スタジアムです。
なんか周りが緑の芝生と木々に囲まれて良い感じですな。

豊田スタジアムの外観を俯瞰で撮るとこんな感じ↑
曲線美が美しいスタジアムですな。

会場についてそうそう、知人がガチャ(1回500円)をやりたいというので、一緒についていくことに。
へー、今はこんなのあるんですな。500円のガチャで上記アイテム一覧のどれかが貰えるみたい。
あまりライブグッズのアイテムにはこだわりがないんですけど、せっかくなので自分も1回やってみることに。

では、いざ!ガチャガチャ。

ん、・・・これは果たして?

自分の引いたガチャは「リストバンド」でした~。イェイ(^^)/
ちょうどいいので、そのまま手につけてライブに臨むことに。
ちなみに知人は2回ガチャをひいて、フィギュア(juice缶)とフィギュア(井戸)をゲットしてました。

開演40分前の会場の外にて。もはや人がわんさかです。
でもまだ少し時間があるので、B’zのツアートラックの撮影でも先にしておくことに。

ツアートラック発見♪
HINOTORIというツアー名称にあるように、火の鳥をイメージしたイカしたデザインですな。
このツアートラックの前で記念写真撮ってる人は非常に多いです。

そうこうするうちに、開演30分前。そろそろ会場に入って座席に移動することに。Eゲートなので・・

ここが入場口ですな。受付で簡単な手荷物検査をして、入場引換券と交換に座席券を受け取ります。

今はチケットの転売対策のために、当日ライブ会場に入らないと具体的な座席が分からないようになっているのですな。なるへそ。
というわけで、自分の席はバックスタンド(E)の4階44エリア58列の181番ということで。
17時40分ごろに座席に着席して、知人とおしゃべりしながら開演を待つことに。
ちなみに会場内は写真禁止なので会場内の写真はないのであしからずで。

自分らはバックスタンド席だったんですが、ステージの眺めはサッカーの試合を観戦する時にバックスタンドの中央の席から観るのと同じような感じでしたね。自分らの席からだと右前にステージがある位置関係でした。
バックスタンドの4F席なのでステージは確かに遠いんですが、スタンド席の傾斜がかなり急こう配のせいか、距離が遠くなるというか、高さが増すす感じでしたね。名古屋ドームなんかと比べると。

前回のライブレポ記事でも書きましたが、この座席の良かった点があって、スタジアムの空いている天井から豊田市の街の夜景がライブ中に見れるので、ステージの光とあいまって非常に綺麗だったことです。はい。

そうこうするうちに、18時。ライブがまもなく始まりました。ライブ本編のレポについては前回の記事を参照頂ければと。
>>【ライブレポ】B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- in 豊田スタジアム 2018/9/6(木)

ちなみに知人は遠方から来ていたため、終電の関係でアンコールの最後の曲の「RUN」を会場で聴くことなく、駅までRUNするという皮肉な結末になりました。お気の毒すぎる(苦笑)

帰りの道中(人が大渋滞)

そんなわけで、20時40分ぐらいにライブは終了しました。せーの、おつかれー。ライブのほうは本当に楽しいライブでした(^^)/

ライブ終了後はライブ前に撮ったツアートラックの場所に行って、夜バージョンも撮ってみました↑
夜バージョンのほうが暗闇のバックに火の鳥の炎の色が際立っていい感じですがな。

その後、帰りの人の渋滞をさけるべく、グッズ販売コーナーなんかを覗いて見たりして時間を30分ぐらい潰してから、新豊田駅のほうに徒歩で戻っていったのですが、全然避けれてませんでした。人の大渋滞です(汗)

豊田大橋にはB’zライブ帰りの人で溢れてました。

ゆったり歩いては止まってというのが長らく続きました。
喉が渇いたので途中でコンビニに入っても、コンビニも大渋滞。飲み物を買って出てくるまでに15分かかりました。とほほ(*´Д`)
せっかく豊田市に初めて来たので、駅近くのどこか飲食店で夕食でも食べようと思ったんですが、どのお店も店の外までB’zのライブ帰りの人達で待ちの行列が。オーマイガー、見通しが甘すぎた((+_+))

というわけで豊田での夕食は諦めて、新豊田駅まで戻りました。

行きと同じ愛知環状鉄道(新豊田駅→高蔵寺駅)で帰りました。結局、高蔵寺駅に到着したのは23時。
いつも、18時頃に夕食食べてるので、お腹空いてしょうがない~。
お腹と背中がくっつきますがな(嘘)!

地元(美濃加茂)の行きつけのラーメン屋さんに急いで駆け込んだんですが、営業時間に間に合わず。無念(>_<)
結局、チェーン店の”かつや”でロースカツ定食を食べたヨッシーなのでした。
24時ちょい前に超遅い夕食。ごちそうさまです。美味しゅうございました。でも、寝る1時間ちょい前のこの時間帯にこのヘビーで高カロリーな食事は罪悪感でいっぱい。
そして翌日の朝に激しい胃もたれにうなだれたことは言うまでもありません(苦笑)
自業自得、乙です。

はい。というわけで、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 in 豊田スタジアムのライブ行き帰り道中レポでした~(^^)/

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で体験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/

ヨッシーのつぶやき

岐阜のグルメ本を買ってみていたら、岐阜市エリアにも結構良さげなグルメ処があるなと気付いた今日このごろ。

月別アーカイブ

ページトップへ