岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数784件/2019年4月18万PV]

月別アーカイブ

ページ

スマホ機種変更は大幅割引で端末購入できるドコモ新プラン開始前の今月中(2019年5月)までに

イオンな休日

本日はゆるい感じの備忘録日記にて。
先日、知人に池井戸潤さん原作の「7つの会議」という最近公開になった映画(2019年2月~)を観に行かないかと誘われたので、私ヨッシー、ノコノコと祭日(2019/2/11)の午後にイオン各務原に行ってきました。

イオンシネマで映画「7つの会議」を観る

イオン各務原にはイオンシネマという映画館が3Fにあります。
知人がWEBでチケットは取っておいてくれたのだけど、映画のチケットの定価は1,800円なのに知人はイオンカード(年会費無料)か何やらで常に1,000円で買えるみたい。どういうカラクリなのかしらん。教えてくれたけど忘れてしまったので、今度また聞いてみよう。
そんな知人がイオンの駐車場が満車状態で車をなかなか停められなくて、上映開始時刻のギリギリに到着。ふぅ~、間に合ってよかった。

というわけで、チケット発券して、いざスクリーンへ。
映画「7つの会議」を視聴。中略。

はい、で個人的な映画の感想を。
何の予備知識もなく観たけど、ストーリー展開がスピーディーで緻密でめっちゃ面白かったです。
リアリティとミステリーな要素が強くて、ハラハラドキドキの展開であっという間の2時間でした。
多分、池井戸潤さん原作のテレビドラマ「半沢直樹」が好きな人なら絶対ハマるんじゃないかなと思います。
てか、この「7つの会議」を撮った福澤克雄監督もそもそも、半沢直樹、下町ロケットなどの池井戸作品の監督もやっているみたいですね。

ネタバレしない程度に概要を説明すると、とある中堅の電機メーカー”東京建電”で起きた不可解な人事異動から端を発して、不自然な部品の下請け発注先の変更に気づいた原島万二(及川光博)と浜本優衣(朝倉あき)が独自に調査を開始しはじめて、そこに万年係長のぐうたら駄目社員と言われ続けてきた八角民夫(野村萬斎)が関わってきて、大きな真相に迫っていくというストーリー展開です。

てか、初めて主演の野村萬斎さんの演技を観たんですけど、なんかめちゃくちゃ味があってダンディーで格好良きですな。
他のキャスト陣もすごい豪華で、もうそれぞれが映画の主役を張れるぐらいな感じでしたし。

「7つの会議」の後の「コメダの会議」

7つの会議を観終えてから、とりあえずお茶でもということで、イオン2Fのコメダ珈琲でお茶をすることに。
とりあえずこのコメダ会議の結論は、「池井戸潤さんの原作の映画はハズレがない」ということ。
あと、「年をとってくると、なんかいろいろと面倒で億劫になってくる」ということで(苦笑)。
本当それを最近、実感する今日この頃です。

そうそう、池井戸潤さん繋がりでついでに言いますと、池井戸潤さんは私ヨッシーの高校の母校の大先輩なんですよ。
年は15歳離れているので、特別に面識があるわけではないですが、なんか勝手に鼻高々って感じです(笑)
そして、池井戸潤さんの作品にネジ工場や銀行がよく出てくるのは、池井戸潤さんの地元の八百津町にはネジ工場がたくさんあるからとか、池井戸さん自身が三菱銀行(現:三菱UFJ銀行)に就職して実際に銀行員の仕事をしていたのが関係しているとかよく言われてますね。
以上、何かでドヤれる?豆知識でした(笑)

でも、池井戸潤さんの超大人気ベストセラー作家っぷりは本当に凄まじいですな。
あ、そうだ、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』の脚本を書いた北川悦吏子さんも高校の母校の大先輩でした。
なんだか、自分の母校は文才のある方を多く輩出しているみたいっす。
かたやこっちは駄文乱文をただただインターネットに巻き散らかすだけの、しょぼい売れないブロガーなわけでございまして(涙)
同じ文章を書くにしてもここまで才能の違いがあるのかと、ただただ絶望する次第であります(遠い目)
というわけで、しばし現実逃避の旅へ。

念願のチーズダッカルビチゲ定食を食す in コリアンキッチンシジャン

不毛なコメダ会議をしていたら、時刻は18時過ぎに。
夕食もイオンで食べていこうかという話になり、1Fのレストラン街に移動することに。
そして、今回夕食に入ったお店は「コリアンキッチンシジャン 各務原イオンモール店」です。

なんで、この韓国料理店に入ったかといいますと、自分が最近ずっと食べてみたかった「チーズダッカルチゲ」があったからです。
というわけで、チーズダッカルビチゲ定食(一番右のやつ)をオーダーしました。

ジャン♪実物はこんな感じです↑

お味はというと、チーズのとろんとした甘みと、具材のお肉と野菜の旨味、そしてチゲの甘辛さがミックスしていて、めちゃくちゃ美味かったです。

てか、これめっちゃ美味かったので、今度イオン来た時にまた食べようと思います(^^)

そして、最後にホットクという韓国のスイーツを食べることに。

ホットック マンゴー&ベリーを注文しました。
ホットクも今回初めて食べたけど、ホットケーキの密度を高くしたような生地にナッツと蜜が入っていて、食感がモチモチでこれまた非常に美味しかったです。この日の夕食は大当たり♪

「ガネーシャ(インドのゾウの神様)」を購入 in マライカ

その後、知人と別れてそのまま帰ろうと思ったけども、そういえば今日あんまり歩いていないなと思ったので、イオン各務原の1Fから3Fをそれぞれ一往復して歩いてから帰ることにしました。そういえば、イオン各務原は広いのでウォーキングに使ってる人がいるとかいないとか(笑)。
で、3Fを歩いていたら、「マライカ」という興味深いアジアン雑貨を取り扱っている雑貨屋さんを発見しました。
てか、このお店、前からあったのかしらん。見落としてたのかな。

店内に入ってみると、なかなか商品のラインアップが非常に独特で個性的で面白い感じでした。

そして、中でも個人的に足を止めてしまったのが、インドの神様の小物アクセサリーコーナーでした。

あの「夢をかなえるゾウ」に登場していた「ガネーシャ」がめっちゃいっぱいありました。ちょっと感動!
ちなみに、ガネーシャは上記商品フダに書いてあるように、「すべての富をはこび、人間に知恵を与え、愛に満ちた生活をもたらす幸運の神様で、インドでは広く信仰されている人気の神様」でして、特に「富の神様」と知られていて、商人に人気があるそうです。

夢をかなえるゾウ」の書籍は以前に読んでるんですが、この本で主人公の師匠であるガネーシャが説く教えは、仕事や商売をするうえでの役立つ考え方・行動が非常にわかりやすく描かれていて、非常に好印象でした。
というわけで、せっかくなので、自分も師匠・ガネーシャの置物を1つ購入することにしました。
てか、神様も大きさで価格が違うのは非常にシビアなところですが(笑)、とりあえず一番小さい800円のガネーシャを購入しました。消しゴムぐらいの大きさの小さいやつです。
これからは自分の部屋のどこかに置いて、怠惰な自分をガネーシャにいつも監視して叱咤激励してもらおうかなと思います(笑)

そして帰路へ。そんなイオンな休日でした(^^)

メッセージ・感想フォーム

当ブログや記事に関してメッセージ・感想などありましたら、下記フォームよりお気軽にご連絡下さい。お問い合わせ等への返信は必ずしもお約束できませんので、あらかじめご了承下さい。

お名前
メールアドレス
メッセージ本文

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で体験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/
ページトップへ