岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数670件/3月18万PV]

月別アーカイブ

ページ

Skitchはスクショ画像に矢印・図形を描き込めるスマホの画面操作案内に超便利なiPhoneアプリ

ヨッシー的イチオシ記事

たまに知人にiPhoneの操作の事で尋ねられることがありまして。
で、そういう時に電話で口で説明するのは結構面倒だったり伝えづらかったりする事が多々あるわけです。
「扇形のアイコンをタップして」とか「画面下の左から2個目のボタンをタップして」というような説明になってしまうので。

そんな風に感じていたところ、昨年(2017年)参加したWordFesで”ごりゅごさん”というブロガーさんがセッションで紹介していた「Skitch」という無料iPhoneアプリが画像に矢印・図形を簡単に描き込める事を知りました。
ごりゅごさんの場合、ブログの記事で使う写真にSkitchで矢印・図形を描き加えて説明画像として使うという活用方法を紹介されていましたが、自分的にはiPhoneの画面の操作案内を誰かに教えるのに便利に使えるんじゃないかと考えました。
そんなきっかけもありこのSkitchを使うようになりまして、もう最近では知人にiPhoneの操作案内的なことを聞かれた時には、iPhoneの画面をスクショして、Skitchで矢印・図形・テキストを書き込みしたスクショ画像をLINEやメールで送って「ここを操作すればオッケーだよ」という感じで済ます事が割と多くなりました。
スクショ画像のほうが相手にも視覚的で分かりやすいし、後から操作を忘れてしまっても画像で残っているので見返すこともできます。で、自分的にも口頭で説明する時間が省けて便利なわけです。

というわけで、今回は私ヨッシーのSkitchの活用方法(矢印・図形を描き込んだスクショ画像を相手に送って、iPhoneの画面の操作案内に使う方法)を紹介しようと思います。ちなみにiPhoneアプリと書きましたが、iPadでも使えますので(Androidは使えません)。

SkitchをiPhoneの画面操作案内に使う方法・手順

では早速、SkitchをiPhoneの画面操作案内に使う方法・手順を以下紹介したいと思います。
あくまで自己流のやり方なのであしからずで。

(1)アプリダウンロード

とりあえず、まずはSkitchをAppストアからダウンロードします。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。

Evernote無料posted withアプリーチ

(2)iPhoneの操作案内に使いたい画面をスクショする

iPhoneの操作案内に使いたい画面をスクショ(スクリーンショット)します。

ちなみにiPhoneのスクショ方法は「 iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時押し」で可能です。

(3)Skitchでスクショ画像に矢印・図形を描き加える

必要なスクショ画像を保存したら、Skitchを起動します。

Skitchを起動したら「写真」→「カメラロール」と進みます。
(カメラロールじゃなくて、スクリーンショットでもオッケーです)。

で、さきほどスクショした画像を選びます。

すると、Skitchの選択した画像の編集画面になります。
右下から描き加えたい矢印・図形の種類を選択することができます。
種類の正式名称は知りませんが下記のような感じです。

自分の場合、「矢印」と「テキスト」と「四角形」をよく使いますね。というかそれらで事足りちゃってます。
で、「矢印」と「テキスト」を使って、スクショ画像に説明を入れてみたのが下記の画像です。

この矢印と説明文を付け加えるだけで、すごく分かりやすいですね。
画面の操作案内として使える親切なスクショ画像になりました(^^)/

(4)画像を保存する

描き込みが終わったら、右上の「共有ボタン」をタップします。

続いて「保存」→「写真」をタップします。

はい。これで、矢印・図形を描き込んだスクショ画像を新規保存できました。

Skitchから保存した画像はiPhone標準アプリの「写真」に保存されます。

こんな感じです↓

(5)LINEやメールで相手にスクショ画像を送信する

後はiPhoneの画面操作を教えてあげたい相手に、該当スクショ画像をLINEやメールで送ってあげればオッケーです。
自分はLINEで画像を送ってあげる事が多いですね。こんな感じで↓

矢印・図形付きのスクショ画像なら見てもらえば直観的に一目ですぐに操作方法を理解してもらえるので、電話などで口頭で説明するよりもはるかに分かりやすいかと思います。

Skitchはカメラで撮った写真にも矢印・図形の描き込み可能

もちろん、Skitchはスクショ画像だけでなくiPhoneカメラで撮った写真にも矢印・図形を描き加えることが可能です。

上記はPCのモニター上のエクセルの画面をiPhoneカメラで撮った写真をSkitchで開いて矢印・図形を描き加えているところです。
写真に矢印と説明文を加える方法は、目的や用途によっていろいろな使い方ができそうですね(^^)/

ヨッシー的まとめ

こんな感じで、Skitchはスクショ画像に矢印・図形を描き込めるスマホの画面操作案内に超便利なiPhoneアプリです。
iPhoneの操作方法を誰かに口頭で説明するのがちょっと面倒だったり難しいケースは、このSkitchを使ってみるのもありだと思いますよ。
スクショ画像に簡単な矢印・図形・テキストを付け加えるだけで、画面の操作案内に適した非常に分かりやすいスクショ画像を作ることが出来るので。
また写真にも同様の書き込みが出来るので、使い方は人によっていろんな使い方ができる応用性・汎用性の高いアプリだと思います。
いかんせん無料アプリなので、iPhone・iPadユーザは一度試してみても損はない感じかと。
以上、Skitchの紹介でした~(^^)/

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で体験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
音楽投稿サイト[CREOFUGA]に自作した曲を気まぐれにアップしているのでヘッポコですが良かったら聴いて下さい♪
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/

ヨッシーのつぶやき

健康を害すると気力ゼロになるわけで。かかりつけの医者は他人事で当てにならんし、どうしたもんかしらん。ただ近いから通っているだけなんだけど。

月別アーカイブ

ページトップへ