岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ[記事数735件/10月15万PV]

月別アーカイブ

ページ

ドコモスマホで最安パケットパックプランの選び方(2018年5月以降)

どうやら2018/5/25からドコモスマホのパケットパックプラン(通信プラン)が新しい料金プラン形態になるようでして。
具体的には個人利用のパケットパックプランでは、2018/5/25以降は「ベーシックパック」という新プランが新設されて、2つの既存プラン(データパックS・データパックM)が新規受付を終了します(※新規受付は2018/5/24まで)。
家族利用のパケットパックプランも同様で、「ベーシックシェアパック」という新プランが新設されて、3つの既存プラン(シェアパック5・シェアパック10・シェアパック15)が新規受付を終了します。
そんな風にパケットパックプランが新しい料金プラン形態にもうすぐ変わるので、ドコモスマホユーザである自分もいい機会なので、契約中のパケットパックプランを見直しをしてみることにしました。

というわけで、今回は「ドコモスマホで自分に合う最安なパケットパックプラン(通信プラン)の選び方【個人用】」について書いてみようかなと。
もちろん、どのパケットパックプランが自分にお得になるかは使い方次第(月々のパケット使用状況)なので人によって正解は違いますが、こういう基準で考えていけば、自分の使用状況に合った最安でお得なパケットパックプランを選べるんじゃないかなという個人的な見解・やり方をご紹介できればなぁと思います。
ドコモスマホユーザでパケットパックプランの見直しを検討中の人の参考になれば幸いです(^^)/

ドコモスマホの新パケットパックプラン比較表(2018/5/25以降)

まず先に、2018/5/25以降に「ドコモスマホの新パケットパックプラン」をチェックしてみます。
現在(~2018/5/24)のドコモスマホの個人用(ひとり用)のパケットパックプランをざっくりとまとめてみると下記表のようになります↓

ドコモスマホの現在のパケットパックプラン(~2018/5/24)
パケットパックプラン
(通信プラン)
上限パケット利用量(月)
/料金(月)
備考
データSパック 2GB/3, 500円 パケット繰越×
データMパック 5GB/5, 000円 パケット繰越〇
ウルトラデータLパック 20GB/6, 000円 パケット繰越〇
ウルトラデータLLパック 30GB/8,000円 パケット繰越〇
スピードモード(自動追加)
1GB追加オプション(手動追加)
1GB/1,000円
ずつ追加可能
※オプションサービス
上限データ量を超えた場合

そして、2018/5/25以降は新パケットパックプランに変わります↓

ドコモスマホの新パケットパックプラン(2018/5/25~)
パケットパックプラン
(通信プラン)
上限パケット利用量(月)
/料金(月)
備考
ベーシックパック 1GB未満/2,900円
3GB未満/4,000円
5GB未満/5,000円
20GB未満/7,000円
データSパック 2GB/3, 500円 ※新規受付停止(2018/5/24迄)
パケット繰越×
データMパック 5GB/5, 000円 ※新規受付停止(2018/5/24迄)
パケット繰越〇
ウルトラデータLパック 20GB/6, 000円 パケット繰越〇
ウルトラデータLLパック 30GB/8,000円 パケット繰越〇
スピードモード(自動追加)
1GB追加オプション(手動追加)
1GB/1,000円
ずつ追加可能
※オプションサービス
上限データ量を超えた場合

変更点は上述の通り、2018/5/25以降は「ベーシックパック」という新プランが新設されて、2つの既存プラン(データパックS・データパックM)が新規受付を終了します(ただし既にデータパックS・データパックMに加入済みユーザはそのままこれらのプランを継続利用は可能です)。

従来プラン(ウルトラデータLパック・ウルトラデータLLパック)は月々の上限パケット利用量と料金が完全固定に対して、新プランの「ベーシックパック」はパケット使用量に応じた段階的固定料金になっていて、月々のパケット使用量が1GB未満なら2,900円、1GB以上3GB未満なら4,000円、3GB以上5GB未満なら5,000円、5GB以上20GB未満なら7,000円という料金体系になっています。

ちなみに、各プランの上限パケット利用料を超えても速度制限なしに通信を使用したい場合は、スピードモードか1GB追加オプションで1GB/1,000円で追加利用する事が可能なのは従来通りです。

月々パケット使用量別の最安パケットパックプランはこうなる

この2018/5/25以降の新パケットパックプランの各プランを比較してみると、月々のパケット使用量がだいたいどれぐらいかで最安のパケットパックプランは違ってきます。
月々のパケット使用量別の最安パケットパックプランをこれまた表にまとめてみました。ざっとこんな感じかと↓

月々パケット使用量別の最安プラン
月々のパケット使用量 一番安いパケットパックプラン
1GB未満 ベーシックパック(1GB未満)/2,900円
1GB以上2GB未満 データSパック(2GB)/3, 500円
2GB以上3GB未満 ベーシックパック(3GB未満)/4,000円
3GB以上5GB未満 ベーシックパック(5GB未満)/5,000円
データMパック(5GB)/5, 000円
5GB以上20GB未満 ウルトラデータLパック(20GB)/6, 000円
20GB以上30GB未満 ウルトラデータLLパック(30GB)/8,000円

はい。という感じなので、もし自分のスマホ利用状況で最安になるパケットパックプランを見極めたいなら、まずは自分自身が直近数カ月のスマホのパケット使用量を確認して、毎月たいたいどれぐらいのパケット使用量が必要としていて、そのパケット使用量の場合に一番安くなるパケットパックプランを選択するのが良いんじゃないかなと思います。その際に上記表が少しは参考になるかもです(^^)/

ちなみに、ドコモスマホで月々のパケット使用量の確認方法は別記事で書いていますので、良かったら参考にしてみて下さい。
「My docomo」アプリを使えば、当月+直近過去4か月分の月々パケット使用量が確認可能です。

自分にとって最安なパケットパックプランの選び方

せっかくなので、ドコモスマホユーザである私ヨッシーが自分自身の使用状況(パケット使用量)に合った最安のパケットパックプランがどのプランなのかを実際に料金シミュレーションで検証してみたいと思います。同一プランを継続して使うという前提な点、あしからずで。

簡単なスマホ料金シミュレーション

まずは簡単にできるパケットパックプランの選び方を紹介しようかなと。
別記事【ドコモスマホで月々のパケット使用量を確認する方法(My docomoアプリ編)】を参考に、自分の直近過去4カ月の月々パケット使用量を確認してみます。自分の場合は下記のようなパケット使用量でした↓
そして、そのパケット使用量で最安になるパケットパックプランを上記表と照合して導き出します。

年月 月々パケット使用量 一番安いパケットパックプラン
2017年12月 12.8GB ウルトラデータLパック(20GB)/6, 000円
2018年1月 4.8GB ベーシックパック(5GB未満)/5,000円
データMパック(5GB)/5, 000円
2018年2月 2.9GB ベーシックパック(3GB未満)/4,000円
2018年3月 6.4GB ウルトラデータLパック(20GB)/6, 000円

こうみると、4カ月のうち、2カ月はウルトラデータLパック、もう2カ月はベーシックパックが最安プランになりました。
というわけで、自分のパケット使用状況からするとウルトラデータLパックもしくはベーシックパックが良さげといえます。

正確なスマホ料金シミュレーション

上記の方法より一手間いりますが、もっと正確に最適な料金プランを導き出すことも可能かと。
全てのパケットパックプラン別に自分自身の直近数カ月の月々パケット使用量だった場合の料金を算出して合計金額を比較する方法です。
なお月々パケット使用量が該当プランの上限パケット使用量に達している場合は、スピードモードもしくは1GB追加オプションで1GB/1,000円
で追加した形の料金で比較します。

ベーシックパックの場合
年月 月々パケット使用量 月々の料金
2017年12月 12.8GB  20GB未満/7,000円
2018年1月 4.8GB  5GB未満/5,000円
2018年2月 2.9GB  3GB未満/4,000円
2018年3月 6.4GB  20GB未満/7,000円
4カ月合計 23,000円
データSパック(2GB/3, 500円)の場合
年月 月々パケット使用量 月々の料金
2017年12月 12.8GB(+11GB) 3, 500円+11,000円
2018年1月 4.8GB(+3GB) 3, 500円+3,000円
2018年2月 2.9GB(+1GB) 3, 500円+1,000円
2018年3月 6.4GB(+5GB) 3, 500円+5,000円
4カ月合計 34,000円
データMパック(5GB/5,000円)の場合
年月 月々パケット使用量 月々の料金
2017年12月 12.8GB(+8GB) 5,000円+8,000円
2018年1月 4.8GB 5,000円
2018年2月 2.9GB 5,000円
2018年3月 6.4GB(+2GB) 5,000円+2,000円
4カ月合計 30,000円
ウルトラデータLパック(20GB/6, 000円)の場合
年月 月々パケット使用量 月々の料金
2017年12月 12.8GB 6,000円
2018年1月 4.8GB 6,000円
2018年2月 2.9GB 6,000円
2018年3月 6.4GB 6,000円
4カ月合計 24,000円
ウルトラデータLlパック(30GB/8, 000円)の場合
年月 月々パケット使用量 月々の料金
2017年12月 12.8GB 8,000円
2018年1月 4.8GB 8,000円
2018年2月 2.9GB 8,000円
2018年3月 6.4GB 8,000円
4カ月合計 32,000円

このように比較してみると、自分の場合ここ直近過去4カ月に関して言えば、新プランであるベーシックパックを使っていた場合が料金的には一番安かった(23,000円)ということになりそうです。
ただ、自分が現在契約して使っているウルトラデータLパックが24,000円とわずかな違い(1,000円)なので、プラン変更するかはちょっと悩ましいところですね。もうしばらく現在のプランで様子を見てみようと思います。
もちろん、あくまでここ直近4カ月で言えばという話ですし、自分のスマホの使い方が今後変わることも考えられるので、たまにこうやって自分のパケット使用状況からパケットパックプラン別の料金シミュレーションして料金プランの見直しを検討してみるのも良いんじゃないかなと思います(^^)/

もちろん、上記の料金シミュレーションをしてみて自分が現在加入中のプランが一番お得だというならプラン変更しないほうが良いということになります。特にデータSパック・データMパックは2018/5/25以降には新規受付も停止して、それらのプランにプラン変更することも出来なくなりますので、その点はご注意を。

ヨッシー的まとめ

以上、「ドコモスマホで自分に合う最安なパケットパックプラン(通信プラン)の選び方【個人用】」でした。
自分のスマホ使用状況(パケット使用量)に合った最適なパケットパックプランを選んで携帯料金を少しでも節約できると良いですね。
以上、参考になれば幸いです(^^)/

ちなみにプラン変更手続きはドコモのお客様サポートへの電話や、ドコモ公式アプリ「My docomo」から自分でプラン変更する事が可能です。プラン変更手続きした日の翌月からプラン変更が適用されますので。

メッセージ・感想フォーム

当ブログや記事に関してメッセージ・感想などありましたら、下記フォームよりお気軽にご連絡下さい。お問い合わせ等への返信は必ずしもお約束できませんので、あらかじめご了承下さい。

お名前
メールアドレス
メッセージ本文

岐阜県美濃加茂市のyossy(ヨッシー)
ブログの書き手:yossy(ヨッシー)
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。1979年2月生まれ。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
自分が普段の日常で体験した事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などを書いています。
インスタとツイッターもやっているので良かったらフォローお願いします(^^)/

ヨッシーのつぶやき

PCからSNSでメッセージを送信するときに、改行のつもりでエンターを押したら、メッセージが送信されてしまうエンターで、そんな筈じゃなかったと後悔することがときどきありやんす。

月別アーカイブ

ページトップへ