【ドコモ新旧料金プラン比較】ahamo(アハモ)vsギガホvsウルトラデータLパック

そういえば、ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」が2021年3月からサービス開始されることが昨年末(2020年末)にドコモから公式発表されましたね。
自分はドコモのスマホユーザで現在はウルトラデータLパック(月20GB)を使っているのですが、このahamoにプラン変更すると毎月の携帯料金がどれぐらい変わってくるのかはすごく気になるところです。
というわけで、この「ahamo(アハモ)」とだいたい同じぐらいのデータ通信量が使える現時点での最新プランの「ギガホ」と、そして自分が訳あって使っている旧料金プランの「ウルトラデータLパック」の3つの料金プランを今回は料金比較シミュレーションしてみたいと思います。
5分カケホーダイと(時間無制限)カケホーダイの2パターンで比較してみたいと思います。

目次

ahamo vs ギガホ vs ウルトラデータLパックの料金比較(5分カケホーダイ編)

ahamoの場合、これまでのドコモの料金プランと違って、料金プランに5分カケホーダイ(5分以内国内通話無料)が最初から付いています。なので、あまり長電話しない人はカケホーダイオプションもつける必要もなさそうですね。
というわけで、カケホーダイオプションなしの場合の料金比較は以下のようになります。

ウルトラデータLパックギガホahamo
月の利用可能データ量20GB月の利用可能データ量月30GB月の利用可能データ量20GB
spモード料金※1\300ギガホ
(30GB)
¥6,980基本料金\2,980
カケホーダイラチオプラン(スマホ/タブ)¥1,7005分通話無料オプション¥7005分カケホーダイ通話あり
ウルトラデータLパック(20GB)¥6,000みんなドコモ割
(2回線)※2
¥-500家族割なし※3
月々の料金合計\8,000月々の料金合計¥7,180月々の料金合計\2,980
ahomaより5,020円高いahomaより4,200円高い一番安い
  • ※1/ギガホとahomaの料金プランにはspモード料金が含まれています。
  • ※2/家族にドコモユーザが2人いる前提での家族割のことです。一人での単独利用の場合はこの家族割引は適用されません。
  • ※3/ahamoには従来プランと違って家族割はありません。
  • 消費税(10%)が別途必要です。様々なオプションは全て排除しています。

いやぁ~、今回の新料金プランのahamoの料金がダントツで安いです!めちゃ安です!
ahamoの場合、通話は5分カケホーダイ付きで通信が月20GBまで利用できて、なんと月々\2,980で利用できます。
これは今までのドコモや大手3キャリアの料金と比較したらめちゃくちゃ安いですね。

既存のドコモ料金プランと比較すると、ギガホよりも4,200円も安いですし、ウルトラデータLパックよりも5,020円も安いです。
というわけで、ギガホやウルトラデータLパックの料金プランを今使っている人は、ahamoの新料金プランが始まったらプラン変更するのが絶対オススメです。というかこうなると、プラン変更は必須かと。ていうか変えない理由が見当たらないレベルです。

ちなみに今の自分の状況のように、機種購入の端末分割払い(全24回)が終わっていなくて、月々サポートの割引が適用されている状態の人は、ドコモの料金ルール的にahamoにプラン変更すると現在適用されている月々サポート(自分の場合は\2,457の割引)が適用されなくなってしまうかもですが(詳しくはドコモに確認を)、その月々サポートの割引金額とahamoへの料金プラン変更で安くなる料金分を差し引いても、それでもahamoにプラン変更したほうが安くなるケースも十分あるので(自分がそのケースでした。詳しくは後述)、一度自分で料金シミュレーションするなり、ドコモに電話で相談して聞いてみると良いと思います。

ahamo vs ギガホ vs ウルトラデータLパックの料金比較(カケホーダイ編)

次に(仕事やプライベートで)長電話することがあるので5分カケホーダイではちょっと足りないなという人向けに、ahamoにカケホーダイオプション(時間無制限通話)を付けた場合で比較してみました。

ウルトラデータLパックギガホahamo
月の利用可能データ量20GB月の利用可能データ量月30GB月の利用可能データ量20GB
spモード料金※1\300ギガホ
(30GB)
¥6,980基本料金\2,980
カケホーダイプラン(スマホ/タブ)¥2,700かけ放題オプション¥1,700カケホーダイ
オプション
\1,000
ウルトラデータLパック(20GB)¥6,000みんなドコモ割
(2回線)
¥-500
月々の料金合計9,000月々の料金合計¥8,180月々の料金合計\3,980
ahomaより5,020円高いahomaより4,200円高い一番安い

上記のような結果になりました。
カケホーダイオプション(+\1,000)を付けた場合のahamoの月々料金は\2,980→\3,980になります。
やはり、カケホーダイオプションなし(=5分カケホーダイ)の時と同様に他プラン(ギガホ・ウルトラデータLパック)よりもダントツに安いですね。料金差も全く同じです。

ahamoへの料金プラン変更方法はWEB受付のみ

ちなみに、ahamoへの料金プラン変更方法はWEB受付だけのようです。
ドコモショップに行ってもプラン変更手続きをやってもらえませんし、ドコモのコールセンターに電話してもやれないようです。
ahamo専用のWEBサイト、もしくはahamo専用のスマホアプリ(リリース予定らしい)から、自分自身で料金プラン変更するしかないようです。

ウルトラデータLパック→ahamoにプラン変更します

上記の料金比較シミュレーションを踏まえて私ヨッシーはどうするかというと話ですが、自分は2021年3月のahamoサービス開始にあわせて、現在のウルトラデータLパックからahamoにプラン変更する予定です。
理由はもうお察しですが、現在のウルトラデータLパックからahamoにプラン変更するだけで,同じ通信量(20GB)が使えてサービス内容が変わらないのに5,020円も安くなるからです。

2021年4月いっぱいまではスマホの端末分割払いと月々サポートがあるので、ahamoにプラン変更すると月々サポート(自分の場合は2,457円の割引)が適用されなくなってしまいますが、ahamoにプラン変更すれば上述の通り料金が5,020円も安くなるので、相殺してもそれでも月々2,563円も安くなるからです。
こうなるとプラン変更しない理由が見つかりません(笑)
というわけで、2月中には専攻エントリーしてahamoへのプラン変更手続きをする予定です(^^)

ヨッシー的まとめ

最後にまとめると、今回のドコモの新料金プラン「ahamo」は、ネーミングセンスは微妙ですが、ドコモ史上では最高の”神”料金プランだと思いましたね。少なくとも現時点では。
ちなみに従来のドコモの最安料金プランはギガライトというプラン(5分カケホーダイ無し)で1GB未満¥2,980、3GB未満¥3,980、5GB未満\4,980という料金でした。
つまり、月々1GB以上使うドコモユーザなら同一料金であるこの「ahamo」(20GB/\2,980/5分カケホーダイ有り)にプラン変更したほうが料金的にも通信量的にも通話的にもかなりお得になりそうです。
なのでざっくりな結論としては、ドコモユーザで月々のデータ通信利用量が1GB以上の人は「ahamo」にプラン変更したほうが良いと思いますね。
なかなk今どき月々のデータ通信利用量が1GB未満で済む人はそう多くはないと思うので、かなり多くのドコモユーザはこのahamoの料金プランを使うことで、これまでよりも毎月の携帯代がだいぶ安くできるんじゃないかなと思ったりします。

てか、総務省の携帯値下げの圧力が功を奏したのか、ドコモがようやく本気を出してくれた感じでしょうかね。
まぁ、いちユーザ的には非常にありがたい限りですが(^^)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
yossy(ヨッシー)
岐阜県なんちゃってブロガー
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。
趣味はギター・カフェ・グルメ巡り。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
普段の日常生活で経験した事・感じたこと・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをゆる~く書いてます。
目次
閉じる