AirPods Proの魅力~AppleのBluetoothワイヤレスイヤホン~

そういえばですが、年始(2021年1月)にAppleのBluetoothワイヤレスイヤホンの「AirPods Pro」を購入して、3ヶ月ほど使ってきました。
というわけで、今回はAirPods Proを実際に使ってみた上での、商品の使用感や感想を率直に書きたいと思います(^^)

目次

AirPods Proを購入した経緯

当初はこのAirPods Proを購入するのはだいぶ躊躇してました。
というのは、このAirPods Proはワイヤレスイヤホンにしては価格がハイパーべらぼーメディアクリエーター級に高いからです(笑)

自分がこれまでに使ってきたワイヤレスイヤホンは初代が「GLIDiC Sound Air TW-5000(¥8,914)」、2代目が「Anker Soundcore Life P2(¥4,999)」という感じで、自分の中でなんとなくワイヤレスイヤホンに出せる価格は1万円までという予算感でした。

ただ、このApple純正のワイヤレスイヤホンのAirPods Proの価格はなんとなんとの30,580円(税込)です。いや、いくら何でも高すぎだろ、と。
性能や機能の面でとても優れていて評判が良いのは知ってるけど、いくら何でも高すぎじゃない?って正直思ってました。

そんな感じで、商品自体に興味関心はすごくあったものの、なかなか購入までは踏み出せずにずっといたました。
そんなときに、年始にふとそういえば以前にAppleの初売りでiPad mini(第5世代)を購入した際に貰ったApple Storeギフトカード(6,000円分)があるのを思い出しました。
それを使えば少しは安く買えそうだなと。とはいっても、24,000円前後ですが・・(苦笑)
でも、やっぱり使ってみたい!
ということで、意を決してAppleオンラインストアでAirPods Proを思い切って購入しました。

AirPods Proの魅力

というわけでようやく本題です。この約3ヶ月間、AirPods Proを愛用してきたので、AirPods Proの使用感・感想を書きたいと思います。
最初に全体的な感想を簡潔に言うと、AirPods Proは価格は確かにくそ高いけど、買って非常に満足して使ってます。
これまで使ってきたワイヤレスイヤホンには無かった非常に便利で優れた機能が備わっているので、今の自分には欠かせないマストアイテムの一つって感じです。
以下、詳細を述べていきます。

周りの雑音を遮断するノイズキャンセリング機能が凄い

1つ目はAirPods Proにはイヤホン利用時に周囲の雑音・騒音を遮断する「ノイズキャンセリング」という機能が備わっているんですけど、これが極めて優秀でした。

たとえば、カフェやどこかで一人で本を読んだりMacbookとかで作業するときに、AirPods Proのノイズキャンセリング機能をオンにして音楽を聴きながら作業をすると、周りの席のお客さんの会話や雑音をほぼ完全に遮断してくれるので、作業の集中力が大幅にアップします。
正直、ノイズキャンセリング機能の有無でここまで作業の集中度が変わるとは思いませんでした。
おかげで以前よりも作業も捗るようになって、作業効率がアップしました。

また、上記のような「(音楽・ラジオを聴き)ながら作業」ではなくて、外出先で普通にAirPods ProでiPhoneやMacbookでYouTubeとかの動画を視聴するときでも、ノイズキャンセリングで周囲の会話や雑音がほぼ完全に遮断できて、より音に集中して視聴できます。

あとは、自分は結構ウォーキングをするんですけど、以前は風が強い日にウォーキングをしながらワイヤレスイヤホンをして音楽やラジオを聴いていると、ビュービューと風の音が気になって、音楽やラジオが聴こえづらいときがありましたが、これもノイズキャンセリング機能でほとんど消音カットできるようになったので、以前よりも音楽・ラジオをクリアな音声で聴きながらウォーキング出来るようになりました。

イヤホンがマイク内蔵なので、ハンズフリー通話ができる

2つ目はこのAirPods Proはイヤホンにマイクが内蔵されているので、他の誰かと電話やらLINE通話とかで話すときに、iPhoneをわざわざ手に持って片耳にあてた状態をキープしなくても、イヤホンを両耳に装着した状態でハンズフリーで通話が出来ます。

つまり、ウォーキングしながらでも、家やどこかでPCを両手でカチカチ叩きながらでも、ソファーで寝転びながらでも、車でハンドル握って運転しながらでも、通話ができるというわけです。
この機能も地味に便利でした。

自分の用途的には、iPhoneを手に持たずに、AirPods Proを両耳に装着した状態で、自宅で電話やLINE通話したり、PCを両手でカタカタ叩きながら話すみたいな使い方が割と多いですかね。
長時間通話だとiPhoneを手に持っているのも地味に疲れてくるし、片手しか使えないとPCのキーボード入力もままならないですが、ハンズフリーなら手も疲れないし、キーボード入力も楽勝です。
iPhoneで通話をする機会が多い人にはかなり重宝する機能だと思います。

Appleデバイス間(iPhone・iPad・Macbook)の接続切り替えが簡単スムーズ

そして3つ目はAppleデバイス間(iPhone・iPad・Macbook)でのAirPods Proへの接続の切り替えがスムーズで簡単な点です。
たとえば、手持ちのiPhoneにBluetooth接続していたAirPods ProをMacbookに切り替えたいとき、Macbookの画面から音声出力先を「AirPods Pro」を選択するだけで、それまでのiPhoneとの接続を自動解除して、Macbookと接続して使うことが可能です。

これまでに使っていたワイヤレスイヤホンで上記の切り替えをやろうと思うと場合、一度iPhone側で接続を解除してから、Macbook側で接続をするという2回の操作(接続解除&接続)が必要で手間でしたが、それを上述の1回の操作(接続)だけでやれるようになったので、これも地味に便利です。

ちなみに、このワンタッチでの操作で接続を切り替えられのは、Appleデバイス間(iPhone、iPad、Macbook)だけの話なので、Window PCやAndroidスマホ、タブレットとかだと、この恩恵は受けられないかもです。
逆に言えば、スマホもタブレットもPCのAppleデバイスを使用しているなら、この接続の切り替えの簡単さ・スムーズさはすごく使いやすくて快適に感じると思います。

ヨッシー的まとめ

というわけで、Appleデバイス(iPhone・iPad・Macbook)を利用している人で、ワイヤレスイヤホンを使用したい、予算が高くなっても性能・機能の優れたイヤホンを使いたいという人には、このAirPods Proを本命のワイヤレスイヤホンになるんじゃないかと思いますね。

まぁそりゃ同じメーカのAppleが製造しているイヤホンなので、Appleデバイスとの親和性は一番高いのは当たり前の話かもですが(笑)
ただし、価格は高い。本当にめっちゃ高いっす(*´Д`)

でも、自分はなんだかんだで買ってすごく満足して使ってますし、今後もずっと長らく愛用するワイヤレスイヤホンになると思います。
ただ紛失したらショックで立ち直れないかもなので、紛失だけは本当に気を付けようと思ってます(^^)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
yossy(ヨッシー)
岐阜県なんちゃってブロガー
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。
趣味はギター・カフェ・グルメ巡り。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
普段の日常生活で経験した事・感じたこと・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをゆる~く書いてます。
目次
閉じる