舌の検査&検査結果

年1回の市でやってる健康診断を受けるついでに、せっかくなので歯医者も久しぶりに定期検診がてら受診することにしました(2020年11月中旬)。歯医者の受診自体は1年ぶりぐらいかと。

目次

【悲報】ヨッシー、かかりつけ医の歯医者に舌の検査を勧められる

かかりつけの歯医者さんで最初に歯科助手さんに歯や歯ぐきの状態を一通り点検してもらってから歯石除去&クリーニングしてもらい、最後に先生が点検してくれたわけですが、先生に”舌の状態がちょっと気になるから一度検査を受けたほうが良いかも”と勧められてしまいました(*´Д`)

たまたま歯科受診日の3・4日前ぐらいに舌の右先あたりに血豆みたいなやつができてヒリヒリして痛かったので、鬱陶しいので上の歯で噛んだり擦ったりしてその血まめを無理やり潰した直後の状態だったので、その部分が自然完治していなかったので、まだかなり痛い状態ではありました。
ただ、どうやら先生曰く、それを抜きにしても、前回受診した際にも、その同じ箇所が少し気にはなっていたらしく、一度検査を受けたほうが良いとおっしゃるわけです。
で、その検査とやらは検査設備のある地域の総合病院でないとやれないので、もし検査を受けるなら紹介状を書きますとのこと。
そして検査方法は舌に麻酔をして、舌をちょっと切って中から細胞組織を取り出して縫合して、病理検査するというものらしく、20~30分前後で終わるそうな。親知らずを抜くよりは痛くないとのことらしいけども、いやいや・・シンプルに怖いっす(*´Д`)

自分的には持病の顎関節症でもなく、歯でもなく、まさか舌のことを指摘されるとは全く考えていなかったので、少し動揺してしまい咄嗟の判断に迷っていると、先生からは「じゃあ3ヶ月後ぐらいにまた再診頂いて、経過を見る感じでどうでしょうか?」と提案されたので、とりあえずその案にのることに。

ただ、家に帰ってから冷静に考えなおしてみると、「もし仮に今の状態ですでに悪い病気(舌癌とか?)だったりしたら、3ヶ月後の検査では症状が更に悪化して治療が難航したり、手遅れになったら遅いし絶対後悔するなと。それなら検査方法も検査結果も正直怖いけど早めに検査して、悪い病気なら早期発見で早期治療したほうが良いな」と思ったので、翌日また歯医者に電話して、紹介状を書いてもらうための再予約をしました。

そして、再予約当日に受付する際に、まずコロナ対策で”おでこ”に照射するタイプの非接触型の赤外線体温計で検温をしました。すると、受付の人に脇に挟む体温計での検温も頼まれることに。「なんで2回も検温するんだろう?」と不思議でしたが、どうやら赤外線体温計のやつで体温が37度オーバーだったみたいです。で、2回目の脇にはさむ体温計でもやはり37度オーバーということで、イエローカード2枚でレッドカード退場です。
そう、なんとこの日の診察が受けられないという自体に。うぉ~、なんてこった、ぱんなこった(*´Д`)
でも、今回は紹介状だけ書いてもらえばとりあえず事は足りるので、その旨を先生に伝言依頼して、後で紹介状を受け取りにいくことにしました。

舌の検査 in 総合病院の歯科口腔外科

というわけで、翌日には地元の総合病院の歯科口腔外科をさっそく受診することに。
こちらでも入り口で検温を。今回は検温は問題なかったので受診できました。
てか、相変わらず混んどりますがな。
でも、診療する科によって混雑具合に”ばらつき”がだいぶあって、自分が今回受診する歯科口腔外科は割と空いていたので、時間予約はしてなかったけど、さほど待たずに受診することができました。

担当してくれた女医の先生に受診の経緯を話すと早速その場で検査することに。
上述の通り、かかりつけの歯医者には「麻酔して舌を切って細胞組織を取り出して縫う」みたいな検査と聞いていたので、さすがに受診初日にその場ですぐにやるとは想定していなかったので、心の準備が状態に・・(滝汗)
そう、私ヨッシー、痛いのが何より嫌い&怖いのスーパーへたれ人間なのです(決して胸を張って言うようなことではない)。

そんなわけで、診察台で仰向け状態で目を瞑って口を開いていると、先生が何やら舌先の部分(血豆になっていた部分)を何か布か紙みたいなやつでスリスリこするわけです。
「何をやってるんだろう、麻酔の下準備なのかな~・・・」とビビっていると、先生が「はい、検査終わりました~」と言うわけです。この時間、体感で1分もなかったかと。
(へっ?もう検査終わりですか?)
かかりつけ医に聞いていた検査方法と随分違うかったので、その点を尋ねてみたのですが、舌の検査にも検査段階というのがあるらしくて、その麻酔で舌を切る検査はもう一つ先のステップの検査みたい。
だから、自分の場合の最初の検査はこれで十分みたい。
というか、もともと舌を切るという検査方法にもビビっていたので、舌に痛みもない簡単な検査で終わって正直安堵しました。
あとは検査結果が良ければ良いのだけど・・。

舌の検査結果

というわけで、舌の検査結果を聞きために恐る恐るに1週間後に再診しました。どきどき。
結果ですが・・・・特に問題なし、異常なしとのことでした!
ふぅ~、本当に良かった~。
舌の検査の話が出てから検査して検査結果を聞くまでのここ2週間は心がずっとモヤモヤ状態が続いていたんですが、これでようやく心のもやが取れました。

月末(11月末)にはGOTOトラベルを利用して富山・金沢に旅行予定があったので、旅行前に検査結果で問題ないことを聞けたのが良かったし、舌の検査で舌を切らずに済んだので、旅行で美味しいものも心置きなく食べれるのもありがたいなって。
というわけで、舌の検査をした話でした~。

次回以降は富山・金沢旅行シリーズの記事をいくつか書いていこうかなって思います(^^)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

yossy(ヨッシー)の画像
yossy(ヨッシー)
岐阜県なんちゃってブロガー
岐阜県美濃加茂市在住の田舎人。
趣味はギター・カフェ・グルメ巡り。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてこのブログを始めました。
普段の日常生活で経験した事・感じたこと・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをゆる~く書いてます。
目次
閉じる