岐阜県なんちゃってブロガーyossyの書き綴るブログ。[公開記事480件/2016年11月27万PV]

カテゴリー

固定ページ

iPhone 6S & iPhone 6S Plusと旧モデルiPhone6の機能の違いを比較して気になる点

yossy'sイチオシ記事セレクション

さてさて、いよいよ3日後の2015/9/25にAppleから発売開始されるiPhone6SとiPhone6S Plusの2機種ですが、iPhone5→iPhone6と使ってきているワタシyossyにとってもやはり新iPhoneモデルは気になるわけでございます。
というわけで、今回は新iPhone6SとiPhone6S Plusの機能・仕様の違いを旧iPhone6と比較した上で自分が気になるポイントだけ書いてみたいと思います。
あくまで個人的な意見なのであしからず(>_<)

iPhone6SとiPhone6S Plusの気になるポイント

iPhone 6SのiOS自体のバージョンは旧iPhone6・iPhone5とも同じなのでソフトウェア的な操作性は同じなわけですね。
ということで、違いとなるiPhone 6Sの本体のハードウェア的な仕様・機能に着目して、iPhone6SとiPhone6S Plusの違いを見ていきたいと思います。
自分的には、下記の点がiPhone6S・iPhone6S Plusで注目しているポイントです。

3D Touch搭載Retina HDディスプレイ

まず今回のiPhone6Sで一番の重要トピックスは”3D Touch搭載Retina HDディスプレイ”の搭載でしょうか。
これは、ディスプレイにタッチする指の押し(プレス)の強さを感知する事が可能になりました。
スマートフォンはディスプレイに手でタッチする事で各種操作を行いますが、iPhone6までは『タップ・スワイプ・ピンチインアウト』という2次元(上下左右・縦横)の概念から生まれたジェスチャーでしたが、iPhone6Sではそれらのジェスチャーに加えて、3次元(3D)の概念が取り入れられて、”ディスプレイを押す強さで感知する”『ピーク・ポップ』というジェスチャーが可能になります。
詳しくはApple公式のこの動画が分かりやすいですね。
3D Touchの機能はかなり良さげで楽しそうですね。ちょっと試してみたいなぁ。。

てか、圧力を感知できるようになったという事は、お絵かきアプリとかでもタッチペンでの筆圧を感知して線の太さや濃さを制御できるようなアプリが今後徐々にリリースされてくるかもしれませんね。それも非常に楽しみですな。

チップがA8→A9へ

iPhone6S・iPhone6S PlusのチップはA9へバージョンアップしました。
ちなみに従来のiPhone6がA8、iPhone5SがA8ですね。
チップはPCのCPUみたいなもので、処理能力の高さに直結します。
つまりアプリとかを使用している際に今まで以上にキビキビ動作してくれる筈です(理論値だと70%高速するとか(゜レ゜))。
とは言え、今自分はiPhone6使っていてもアプリが動作がもたついたりフリーズしたりすることなく快適に利用できているので、処理能力に関しては別に旧iPhone6でもほぼ問題ないような気がしますけどもね(^_^.)

iSightカメラの画素数の向上(8メガピクセルから12メガピクセルへ)

iPhone6S・iPhone6S PlusともにiPカメラの画像数が(iPhone6の)8メガピクセルから12メガピクセルへ上がっています。1.5倍の向上です。
とは言えば、自分が使っているiPhone6の8メガピクセルでも相当に大きい画像サイズで、縦横のピクセルサイズで3264(px) × 2448(px)もあるわけなので、カメラの画素数の向上はさほど個人的にはどうでも良い感じですね。むしろ画素が上がった事で、撮った画像のファイルサイズが大きくなるのがちょっとイヤなぐらい。
毎回このブログ用にiPhone6で撮った写真をPCに移動しても、毎回リサイズで縮小して使っているぐらいですしね。
標準搭載のカメラアプリで撮影する際に、デジカメみたいにS/M/Lというようにファイルサイズを決めて撮影できるようになってくれるありがたいかも。

カメラの機能で特に注目したいのは、『光学式手ぶれ補正』が初搭載された点ですね。iPhoneで写真をいっぱい撮る人には朗報ですね。
とは言え、この『光学式手ぶれ補正』が使えるのはiPhone 6S Plusだけで、iPhone 6Sでは使えないので、その点は注意が必要です。

ビデオ撮影で4Kビデオ撮影が可能に

従来(iPhone6)までは1080p HDビデオ撮影、いわゆるフルHD撮影(1920×1080)での撮影でしたが、iPhone6S・iPhone6S PlusではともにフルHD撮影に加えて、4Kビデオ撮影(3820×2160)が可能になりました。
とはいえ、4Kビデオ撮影でより画質の良い動画を撮ったところで、4Kテレビで再生しないと意味がないので、4Kテレビ持っていない人にはあんまり意味がないんじゃないかと個人的には思いますけども。

カメラ同様に、iPhone 6S Plusにのみ『ビデオの光学式手ぶれ補正』が初搭載されています。
カメラとビデオ撮影に性能の良さを求めるなら、『光学式手ぶれ補正』が搭載されているiPhone 6S PlusのほうがiPhone 6Sよりも良いですね。

通信速度の向上

iPhone6S・iPhone6S Plusともに通信機能が従来(iPhone6)の『4G LTEワイヤレス接続機能』から『超高速4G LTE-Advancedワイヤレス接続機能』への向上しています。
これによりWi-Fi接続時の通信速度が理論値で2倍、各キャリアのモバイルデータ通信時においても通信速度がアップが期待できます。
これは素直に嬉しいですね♪

本体サイズにはiPhone6・iPhone6 Plusとほぼ同サイズ

本体のサイズに関しては下記の表の通り、0.数ミリの違いはあるものの新旧iPhoneの本体サイズはほぼ同じですね。
iPhone6SはiPhone6とほぼ同サイズだし、iPhone6S PlusはiPhone6 Plusとほぼ同サイズです。
ちなみにサイズ選びに関していえば、スマホをジーパンのポケットにいつも入れているような人はサイズ的にはiPhone6sのほうが良いかもです。
iPhone6S Plusだとジーパンのポケットに入らないぐらい大きいので。。

iPhone6S 高さ138.3 mm×幅67.1 mm×厚さ7.1 mm
iPhone6 高さ138.1 mm×幅67.0 mm×厚さ6.9 mm
iPhone6S Plus 高さ158.2 mm×幅77.9 mm×厚さ7.3 mm
iPhone6 Plus 高さ158.1 mm×幅77.8 mm×厚さ7.1 mm

iPhone6S・iPhone6S Plusの購入先

iPhone6S・iPhone6S Plusの購入先は大手3キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)で利用する人は、それぞれのキャリアの携帯ショップで購入する必要があります。
大手3キャリア以外の格安SIM(OCNモバイルワン、楽天モバイル、DMM mobile等)は、AppleのウェブサイトからSIMフリーモデルのiPhone6S・iPhone6S Plusを購入すればOKですね。
iPhone6S・iPhone6S Plusの本体と一緒or先に、フィルム&ケースのアクセサリーも準備しておいたほうが購入してすぐに使えるので良いかもですね。

yossy的まとめ

yossy的には、新iPhoneを検討する場合、カメラ機能・ビデオ撮影機能を重視するなら”光学式手ブレ補正”の搭載されているiPhone6S Plusのほうが断然良いと思います。

また携帯性を重視するなら、ジーンズの前ポケットとかにもスッポリ入るiPhone6S のほうが良いかなと。
iPhone6S Plusだとズボンのポケットに入らないか、入ってもキツキツになります(多分)。
バッグとかに入れて携帯する人ならiPhone6S Plusでも何の問題もないですけどもね(^_^.)

てかまぁ、新iPhoneの本体価格を考えると無理して買わずに、型落ちして安くなる前モデルのiPhone6・iPhone6 Plusあたりを買うというのも賢いかもしれませんね(笑)

この記事を読んだ人にオススメな記事
メッセージ・感想フォーム

このブログの記事に関してメッセージや感想などあれば、下記フォームよりご連絡下さい(^_^.)

お名前
メールアドレス
メッセージ本文
岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

姪っ子のクリスマスプレゼントをAmazonでポチる午後の昼下がり。
>>メルちゃん おせわパーツ

人気の記事

月別アーカイブ

ページトップへ