岐阜県なんちゃってブロガーyossyの書き綴るブログ。[公開記事477件/2016年11月27万PV]

カテゴリー

固定ページ

the band apart(バンアパ)のおすすめ曲

yossy'sイチオシ記事セレクション

最近は車の中でバンアパことthe band apartのアルバムをヘビーローテーション中のyossyでございます。

というわけで、今回はthe band apartの個人的におすすめ曲を紹介したいと思います。
恥ずかしながら、the band apartというバンド名はこれまでに聞いたことはあったものの、音楽自体は一回も聞いて事なくて。
で、今年(2015年)になってTSUTAYA DISCASでthe band apartのアルバムを何となく試しに1枚レンタルして聴いてみたら、めちゃくちゃ曲が格好良くてすっかり虜になってしまい、立て続けに合計6枚のアルバムをレンタルして聴いている次第です♪

気になってバンドについても調べてみたら、the band apartは今からもう既に14年も前の2001年に1stシングルリリース、2003年に1stアルバムリリースして活動しているというじゃありませんか!
いやぁ~、今回ばかりは自分自身の音楽アンテナのポンコツ具合に、こんな良いバンドを14年も感知していなかったことに、自己嫌悪に陥りました・・(>_<)

リアルタイムで音楽を聴いてきたかったなぁと後悔するほどに格好良いバンドなんです、the band apart。
さて、前置きが長くなりました。
好きな曲はたくさんあるので悩むところですが、その中から超厳選して、the band apart(バンアパ)のおすすめ曲を4曲ほど紹介したいと思います。
あくまで個人的に好きな曲なので、異論反論は全然認めます(^_^.)

free fall / 『the Surface ep』収録曲

このロックな疾走感とキャッチなメロディー、骨太のバンドサウンド。最高すぎますね。
なんというか、the band apartの曲って、リズムのキレが半端なく良くて、聴いていて本当に中毒性があります。
特に2番サビ後の一呼吸間を置いて繰り広げられていく間奏は、『何これ?!フュージョン?!』と思える、キメキメのハモリのツインギターとゴリゴリのベース、シャープかつ手数の多いドラムは圧巻ですな(>_<)

夜の向こうへ/『街の14景』収録曲

なんというポップで軽快なノリなんだろうと、聴くたびに思いますね。
”夜の向こうへ”というタイトル通りに、夜に無性にドライブに出掛けたくなります(笑)
というかこの曲をリピート再生でドライブしたこと何回もあります、テヘペロ(゜レ゜)
なんというか、この曲を聴いているとなんだか気分がウキウキしてホッコリした気持ちになるんですよね。
そしてyossyがthe band apartにハマるきっかけになった曲でもあります。

ワタクシyossyがなんちゃってギタリストの観点でいうと、リズムギターのカッティングが素晴らしすぎます。
そして、それに絡んでくるリードギターのフレーズが最高にスパイシーです。こういうリードギター弾ける人は本当に尊敬します。

the band apartはバンドメンバー4人構成ですけど(ギター×2、ベース、ドラム)、どの曲も他の楽器パート・を使わずに、あえてメンバーが演奏する楽器パートだけで曲が作られていて、そういうバンドサウンドに対する真摯なスタンスも格好良いですな。

Eric.W/『K.AND HIS BIKE』収録曲

Eric.W、こちらはかなり衝撃を受けた曲です。
なんというか、ジャズとファンクとロックとポップ素の要素が絶妙にブレンドされたアッパーなチューンとでもいいましょうか。。
ジャジーでお洒落なコード&コード進行のイントロの幕開けから、構築された16分のファンキーなリフのAメロ、続くお洒落なジャジーなクリーントーンで切り刻むBメロ、ディストーションサウンドのノリノリのポップ&ロックなキャッチなサビ、またまたお洒落なジャジーなブリッジで意外性のあるコード進行と、と本当にまぁ展開がめまぐるしくて、目がクルクル、もとい耳がクルクルしてくるわけです。
脳内アドレナリンが出てテンションが超あがります。そう、アゲポヨ~!ってやつです(古い?)
こんなに音楽濃度の高い曲というのも実存するのですね。
まぁ、こんな曲を作れるバンドはthe band apartしかいないかもですけども。

Malibu/『Adze of penguin』収録曲

音楽って自分自身の喜怒哀楽の感情や気分によって聴きたい曲ってその時々で違ったりする事が多いですけど、このMalibuはどんな時でも聴いていたいと思える曲です。
この曲を聴いていると、自分でも不思議なんですが毎回感動してしまうし鳥肌が立ちます。
なんか”静かなる狂気”を感じるんです、この曲。

曲中を通してもの憂げで切ないメロディーライン&声、バックで鳴る全ての楽器隊は音をあえて詰め込みすぎずにストイックに音の余白を残した感じ、そしてリードギターのクリーントーンの繊細なフレーズの数々。
特にラストサビからアウトロにかけるところなんかは、感動の映画の名作のクライマックスとエンドロールを見ているような気分にさえなります(ToT)/~~~
あとアウトロのクリーンのリードギターのシンプルなゆるいフレーズから、瞬間的に16分音符のフレーズを絡めた緩急の使い方にはシビれますね。
『山田君、座布団100枚持ってきて~』って感じです(笑点風)。

多分、これからもずっと聴いていくことにあるであろう、超大好きな曲です。
ここ最近the band apartしばかり聴いていたら、なんか久しぶりにバンドやりたくなってきたなぁ。。

メッセージ・感想フォーム

このブログの記事に関してメッセージや感想などあれば、下記フォームよりご連絡下さい(^_^.)

お名前
メールアドレス
メッセージ本文
岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

ギターのジャック挿入口が破損してシールドが繋げなくて困りんご(>_<)
というわけで、AmazonでGibsonジャックプレートをポチリました。
早く届いて~。

月別アーカイブ

ページトップへ