岐阜県なんちゃってブロガーyossyの書き綴るブログ。[公開記事477件/2016年11月27万PV]

カテゴリー

固定ページ

独自SSLが最安料金で使えるおすすめレンタルサーバはXSERVER(エックスサーバ)

yossy'sイチオシ記事セレクション

独自ドメインで運営する企業サイト・通販サイト・ブログでSSL(https://)を導入するサイトが増えているなぁと感じる今日このごろ。
もともと通販サイトのように個人情報を扱う通信が発生する場合には、クレジットカード番号等の個人情報が第三者に盗み取られないように、暗号化通信を行うセキュリティ機能のSSLを使う事が定番ではあるわけですけども。
それに加えて、最近だと検索エンジンのGoogleがSSLをサイトに取り入れているかどうかをSEOの評価指標の1つにする的なアナウンスもあったりで、個人情報を取り扱っていなくてもSEO的な視点でもSSLを導入したほうがいいんじゃないかと、いう気がしたりするわけで。

独自ドメインのサイトでSSLを使うなら独自SSLがおすすめ

そんなSSL。
もしSSL(https://)を実際に運用しているサイトに導入するなら、独自SSLか共有SSLのどちらかを選ぶかって話になるわけですが、独自ドメインで運用しているサイトをサイト全体丸ごとSSL化したい場合は、URLのスマートさを考えたら独自SSLのほうが俄然良いわけです。
例えばこのブログ(http://yossy-style.net/)の場合、両者を比較すると下記のようなURLになります。

独自SSL) https://yossy-style.net/
共有SSL) https://yossy-style-net.ssl-xserver.jp/

共有SSLのURLだと、独自ドメイン名の後に契約しているレンタルサーバの共有SSL用の文字列が付加されてしまって本来の独自ドメインで使えないのに対して、独自ドメインならhttp://がhttps://に変わるだけで、独自ドメイン名の文字列のみをURLに利用できまるので、URLがスマートで分かりやすいんわけです。
スマートな独自ドメインURLはサイト訪問ユーザに安心感を持ってもらえるし、覚えてもらいやすいわけです。
なので、SSLを使うなら独自SSLが俄然良いんではないかと。

一方、共有SSLの良いところは契約しているレンタルサーバのプラン料金の標準サービスの場合がほとんどなので、追加オプション料金はかからずに利用できるのは良いとは思いますけどね。
共有SSLの場合、サイト全体をSSL化して使うというよりは、個人情報を取り扱うようなお問い合わせフォームの一部ページだけ共有SSL(https://)を利用して、それ以外のページは通常の通信(http://)を使うみたいな感じで、サイト内で切り分けて使うのがベターなんじゃないかなと。
以前に数度やった事がありますけども。

独自SSL使うならレンタルサーバー選定時に利用可能SSLブランド&料金を事前にチェック!

ただ独自SSLの一番のネックはやっぱり料金ですね。
追加オプションサービス的なものなのにメインのレンタルサーバ料金よりも高い場合もあるわけで。なんてこった。。
で、その独自SSLをサービス提供しているSSLブランドもベリサイン、グローバルサイン、ラピッドSSLなどなど、いろいろあったりします。
個人的にはSSLブランドの違いはブランド力(信頼性)と料金だけだと思っているので、もし独自SSL使うなら料金が一番安いSSLブランドで十分じゃないかとおもうわけです。だって”暗号化通信ができるという機能性”に差はないわけなのでね。
ただ残念ながら、SSLブランドはレンタルサーバと自由に組み合わせて利用できるのではなくて、自分が契約しているレンタルサーバが提携しているSSLブランドの選択肢でしか利用できない場合がほとんどです。
「独自SSLを料金の安いあのSSLブランドを利用したい」と思ったところで、契約しているレンタルサーバが提携していないSSLブランドなら物理的に利用する事が不可能というわけです。オーマイガー(>_<)

そう考えると、独自SSLを利用する予定・可能性がある場合は、そもそも最初にレンタルサーバーを選定する際に、それぞれのレンタルサーバがどのSSLブランドが利用できて、その独自SSLの料金がいくらなのかを事前にチェックしてレンタルサーバを選んだほうが良さそうですな。
契約したレンタルサーバーで後から独自SSLを利用しようとしたら、めっちゃ価格が高い!なんて後悔も十分ありえる話なので。

主要レンタルサーバの独自SSL料金を比較してみた→【結果】XSERVERが一番安い

というわけで、最後に主要人気レンタルサーバの独自SSL料金を比較してチェックしてみようかなと。
それぞれのレンタルサーバで利用可能なSSLブランドの中で最も安いSSLブランドの料金のみをピックアップしてみました。
ちなみにキャンペーン価格で一時的に料金が安いのは除外して通常料金を参照してますんであしからず。
↓まとめてみたのが下記の表です(2016/2/4現時点)↓

主要レンタルサーバ エックスサーバー ロリポップ! さくらインターネット ファイアバード
SSLブランド CoreSSL GMOグローバルサインの
クイック認証SSL
さくらのSSL
(SureServer for SAKURA)
CoreSSL
SSL証明書料 年間1,000円
(税別)
年間18,000円(税別)~
[月額1,500円(税抜)~]
年額1,500円(税別)~ 年額1,500円(税抜)

こう見ると、やっぱりエックスサーバーが独自SSL使うなら一番安く利用できそうですね。なんてたって年間たったの1,000円という格安価格なんで。
エックスサーバのレンタルサーバ料金が一番安い料金プラン(x10プラン)で月額1,000円(=年間12,000円)なので、年間トータルで13,000円(税別)で運用可能って事になります。

ちなみにこのブログ自体もXSERVER(x10プラン)を使ってますけど、『独自SSLが主要レンタルサーバの中で一番安い』というのはつい最近知りました。てかまぁ結果オーライということで(笑)

まぁXSERVERの場合、サーバーのパフォーマンスが良いので、独自SSLを使わなかったとしても十分におすすめできるレンタルサーバなんすけどね。
そのへんの詳細は以前に記事に書いているので、興味のある人はご一読頂ければと。

というわけで、独自SSLを利用するなら料金的にエックスサーバーが一番安くてコスパは高いのでおすすめですよ、って話でした。
独自SSLの導入検討、レンタルサーバ検討の人のご参考までに(^_^;)

この記事を読んだ人にオススメな記事
メッセージ・感想フォーム

このブログの記事に関してメッセージや感想などあれば、下記フォームよりご連絡下さい(^_^.)

お名前
メールアドレス
メッセージ本文
岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

ギターのジャック挿入口が破損してシールドが繋げなくて困りんご(>_<)
というわけで、AmazonでGibsonジャックプレートをポチリました。
早く届いて~。

人気の記事

月別アーカイブ

ページトップへ