岐阜県なんちゃってブロガーyossyの書き綴るブログ。[公開記事477件/2016年11月27万PV]

カテゴリー

固定ページ

聞々ハヤえもん|カラオケで上手く歌うのに役立つおすすめソフト(アプリ)

yossy'sイチオシ記事セレクション

先月に知り合いの方と飲みの後に、何年かぶりにカラオケに行ってきました。
なかなか楽しかったわけでして、たまにはカラオケで大声で歌でも歌ってストレス発散というのも悪くないなぁ、と思いました。
最近は一人焼肉なんてこともお店(楽楽)によってはできるようになったことだし、次は一人カラオケ(ヒトカラ)でもチャレンジしてみようかと思ったり思わなかったりな今日このごろ(゜レ゜)
話がずれました。というわけで、今回はカラオケで歌を上手く歌うのに役立つおすすめのソフト(アプリ)の話でもしようかなと。

カラオケで歌を上手く歌うのに大事なポイント

カラオケは娯楽なので場が楽しく盛り上がるのが当然一番なんでしょうけども、歌を上手く歌う目的で言うなら、やっぱり曲のキーの選定が重要だなと思うわけです。
自分は男性なので、同性の男性ボーカルの曲ならある程度は原曲のキーで歌えるわけですが、B’zやミスチルみたいなハイトーンボイスのボーカルの曲は原曲のキーだと、素人の自分ではサビの一番盛り上がるような高音部分の声が出なくて、無音か声にならない声状態、みたいな事があったりするわけです(涙)
かといって、歌ってる途中に『曲のキーが合わないぞ』と後から気づいて、途中で曲のキーを下げるのもちょっとシラけるというか興ざめわけです。

それなら、『曲を予約する際に、あらかじめ自分の声域で歌いやすいキーを選んでから予約入れておけばいいじゃん』、というのがyossy的カラオケ持論なわけでございます。原曲キーにこだわる必要は全くナッシングなわけです。

というわけで、ようやく本題。
カラオケで歌いたい曲を自分の声域で歌いやすいように、事前に最適なキーをチェックするのに便利なソフト(アプリ)があるので、今回はそれを紹介したいと思います。
その名も、『聞々ハヤえもん』です。

聞々ハヤえもんとは

”聞々ハヤえもん”はPC(Windows)やiPhoneで使う事ができるフリーソフト(無料アプリ)で、”再生速度と音程を個別に変更できるメディアプレイヤー”です。
音楽の再生方法は簡単で、たとえばPCの聞々ハヤえもんの場合、再生したい曲を聞々ハヤえもんの画面にドラッグ&ドロップすれば曲の再生が始まります。
もしくは、「ファイル」→「開く」から、再生したい曲のファイルを選択しても同様です。
ちなみに、PC用ソフトの聞々ハヤえもんのキャプチャー画面で紹介していますけど、iPhoneの聞々ハヤえもんのアプリも画面の見た目は違えど、機能的には同等の事ができますのであしからず。(後で説明します)

01

メディアプレイヤーといえば、iTunesやWindows Media Playerが音楽再生する際には良く使われるソフトですけども(自分もiTunesをメインで使ってます)、この聞々ハヤえもんにはそれらのメディアプレイヤーにはない独自の優れた機能があります。

音程(ピッチ)の変更が可能

再生している曲の音程(ピッチ)を上下に簡単に変更する事ができます。
これがカラオケの歌を歌う時のキー設定に関わってきます。
つまり、事前にカラオケで歌いたい曲をこの聞々ハヤえもんで再生しながら一緒に自分で歌ってみて、音程変更を何度か試行錯誤しながら自分自身が一番歌いやすい曲のキーを探せばいいんです。
キー変更は下記のように音程という部分に+1、+2、-1、-2みたいにテンキーで数値入力して調整していけばOKです。
キー変更を行うと、即座にリアルタイムで現在再生している曲にキー変更が反映されるので、聴いた感じですぐに分かります。

02

自分の一番歌いやすいキーが見つかったら、曲名ごとに原曲からどれだけキーを変更するかをスマホかメモ紙にでもメモっておきましょう。脳に記憶しとけるならそれでもOKです。例えば、花火/aiko(-4)、ギリギリチョップ/B’z(-1)みたいな感じで。

個別の曲ごとに細かく分類するんではなくてもっと大雑把に行くなら、アーティスト別にメモっておくのも良いかもですね。
例えば、ドリカム(-5)、Mr.Children(-2)みたいな感じで。

この自分の声域にあった曲別・アーティスト別のキー調整さえ事前に把握しておけば、いざカラオケの時に歌う事になっても、男性ボーカル・女性ボーカルの歌に関係なくほとんどどんな曲でもある程度は歌えるようになると思います。

自分の場合は、同性の男性ボーカルの曲でハイトーンボイスなボーカルの曲、たとえばB’z・Mr.Childrenあたりは曲のカラオケ演奏予約を入れる際には、原曲キーから-1・-2あたりに設定して、異性の女性ボーカルの曲だと、原曲キーからおおよそ-4から-6の間にキー設定する事が多い感じですね。
これは人によって違うので、自分で歌いながら試してみるより他はありませんけども。

実際に試してみれば分かりますが、どんな曲でも自分自信がかなり歌いやすいキーが見つかると思います。
もちろん、歌の練習自体をしないと歌(音程・リズム・歌唱など)は上手くなりませんけども、事前にこの曲のキーチェックをしておけば、少なくとも自分自身が最も歌いやすいキーで歌えることは間違いないと思います。

ちなみに実際にカラオケで曲の予約を入れる際には、下記のように転送する前に「キー設定」からキーを選んでから「転送」します。
例えば下記↓ではMr.chidrenのStarting Overという曲を原曲キーから-1音下げにして曲予約を入れました。

03 04 05

iPhone版アプリ『ハヤえもん』

最後にiPhone版アプリの『聞々ハヤえもん』の簡単な操作も書いときます。iPhone使っている人は多いと思うのでね(^_^.)
iTuneで音楽をダウンロードするなり、PCのiTunes内の音楽をiPhoneへ転送するなりして、iPhone内にあらかじめ曲を入れておきます。
アプリをAppStoreでダウンロードしたら、ハヤえもんを起動します。

06

まずは「開く」から再生する曲をiPhone内に入っている音楽から曲を選択します(今回はmihimaru GTの気分上々で)。
曲を選択後、再生ボタンをタップして曲を再生します。
曲を再生しながら、アプリ下部にある「コントロール」をタップしてキーを変更します。

07a
ここでキー変更したい音程をリストの数値(♭1・♭2・♭3など)から選択できるので、フリックして曲のキーを変更します。
キーの変更は再生中の曲にすぐに反映されるので、曲の再生にあわせながら自分で一緒に歌ってみて、自分の声域に最適なキーを探していきます。

08

ここでは原曲キーから-4音下げたキー(♭4)にしました。
ちなみに音楽用語で、♭(フラット)は音程をマイナス・下げる意味で、#(シャープ)は音程をプラス・上げる意味で使われます。

09

yossy的まとめ

というわけで、PCソフト&iPhoneアプリの”聞々ハヤえもん”について長らく説明してきましたが、結論としては、聞々ハヤえもんはカラオケで上手く歌うのに必見のおすすめソフト(アプリ)ですよ、ということで。
てか、こんな優秀なソフト(アプリ)が無料だなんて、試さなきゃ損・損(^_^.)

そんな聞々ハヤえもんのダウンロード先は下記のページです。

その他の便利な使い方エトセトラ

今回、聞々ハヤえもんはカラオケで歌うのに役立つソフトということでこの記事では紹介しましたが、実はカラオケ以外にもとても役立つソフト(アプリ)だったりします。
たとえば、バンドでギターやっている時なんかは、何かの曲のコピーをする時とかに、ある1小節のフレーズを練習するためにABリピート機能でその部分だけを連続リピート再生して、一部分のギターフレーズを集中的に練習したりとかしてました。
また原曲のキーだとギターで弾きにくい場合は、聞々ハヤえもんでキーをギターで弾きやすい音程に変えて、ギターを弾いたりとかなんて使い方もしてましたし。

今とかだと、仕事の打ち合わせで録音した内容を後から聴きなおしたい時に、このABリピートで何を言っているかを確認したり、早口で聞き取れないような時は再生速度を遅めて聞き取りを行ったり、みたいな使い方もしてたりします(^_^.)

この記事を読んだ人にオススメな記事
メッセージ・感想フォーム

このブログの記事に関してメッセージや感想などあれば、下記フォームよりご連絡下さい(^_^.)

お名前
メールアドレス
メッセージ本文
岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

ギターのジャック挿入口が破損してシールドが繋げなくて困りんご(>_<)
というわけで、AmazonでGibsonジャックプレートをポチリました。
早く届いて~。

人気の記事

月別アーカイブ

ページトップへ