岐阜県なんちゃってブロガーyossyのブログ。[公開記事613件/2017年9月26万PV]

カテゴリー

固定ページ

長年愛用した三井住友VISAカードを解約する理由・いきさつ

yossy'sイチオシ記事セレクション

私ヨッシーは買い物やら引き落としなどの支払いの全てを三井住友VISAカードを使ってましてね。かれこれ10年以上は経つかと思います。でも、ちょっといろいろありまして、三井住友VISAカードを今すぐというわけではないですが、今年中(2017年)には解約することにしました。特に三井住友VISAカードに恨みつらみや不満があるわけではないですが、そうする事に決めた経緯・理由を今回は書いてみます。

以前利用したネットサービスから自分のクレジットカード情報が流出

そもそもの発端はというと、自分が以前に何回か利用していたネットサービス会社から去年の秋頃(2016年9月)に以下のメールが届きました(本文一部抜粋。社名は伏せます)。

【不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとご報告】
平素は弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。このたび、弊社で管理、運用しております顧客情報データベース(以下「顧客DBS」といいます)に外部からの不正アクセスがあり、調査の結果、一部の個人情報の流出が判明いたしました(以下「本件」といいます)。
また、現時点において、個人情報を悪用されたことによる被害を受けたという報告はございません。本件に関し現時点で判明している不正アクセスの概要と弊社の対応につきまして、下記のとおりご報告いたします。お客様をはじめご関係者の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
【不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びと再発防止策のご報告 第2報】
平素は弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。7月19日に発表しました不正アクセスによる弊社顧客情報データベース(以下「顧客DBS」といいます)からの情報流出事案について、原因ならびに被害状況等を外部の専門調査会社(以下、「調査会社」といいます)で調査を実施しておりました。先般の発表時には、「弊社はクレジットカード情報をお客様からお預かりしていないため、クレジットカード情報の流出はございません。」とご説明しておりましたが、このたびの調査の結果、顧客DBSにお客様のクレジットカード情報が保管され、かつ当該不正アクセスによってその一部が流出していたことが判明いたしました(以下、「本件」といいます)。本件の概要および弊社の対応、ならびに再発防止策につきまして、下記のとおりご報告いたします。お客様をはじめご関係者の皆様には、先般の発表内容に加えて、更なるご迷惑とご不安をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。
1.事案内容
(1)流出の規模
[1]流出した情報の数
395件の情報が流出した事実は確認されておりますが、どのお客様の情報かの特定が不可能な為、2010年7月21日から2016年7月23日(※)までにクレジットカード決済サービスを利用した全てのお客様の情報(192,594件)を流出の可能性のある情報とさせて頂きます。
※本年7月23日以降の不正アクセスはございませんでした。
[2]流出の疑いのある情報
・クレジットカード番号
・セキュリティコード(3もしくは4桁の確認番号)
・有効期限
(これら3つの情報を以下、「カード情報」といいます)
・会員ID(2)情報流出の原因
中国籍サーバからの不正アクセスが原因でございます。

うげ~~!わいのクレジットカードの情報が流出した可能性があるですと((+_+))
なんてこった!ぱんなこった!

自分の個人情報を流出させてしまったネットサービス会社に連絡すると、担当者の人には平謝りされました。お詫びの品としてQUOカード1000円分が後日郵送で送られてきました。まぁこっちとしても、「どうしてくれるんだ」と言ったところで起こったものはどうしようもないので、今後は頼みますよぐらいな感じで。

その流出してしまった自分の三井住友VISAカード情報に関しては、運営元の三井住友カード会社が今回流出してしまった可能性のある利用者の決済に関してはシステムのセキュリティーチェックを厳しくして、これまで以上に不正利用の監視を厳しくやってくれるということなので少し安心しました。
もし自分のカード番号で不正利用の疑いがあるような決済は即時決済を停止してくれるようなシステムに働くとの事でした。

自分は各種の買い物・引き落としはほとんどがこの三井住友VISAカードでのカード決済なので、カード情報変更は面倒だからやりたくないのが本音でした。なんか気持ち悪いけどセキュリティーチェックを厳しくやってもらえるなら良いかなと思い、そのまま情報流出した2016年9月以降もそのまま番号も変えないでそのまま継続利用することにしました。
もちろん、自分でもそれまで以上に三井住友VISAカードのWEBページよりこまめにログインして、自分が買った記憶のない怪しい明細がないかはチェックしてましたが、その後、現在に至るまでそういうった形跡はありません。それはそれで良い事でした。

セキュリティーチェックが厳しくなりすぎて自分自身の決済が通らないという困った事態に

そう、不正利用はない事は良い事でした。が、別の弊害が先月自分に起きました。
先月(2017年1月)に2回ほど、新しいネットサービスをいつものように三井住友VISAカードで決済しようとしたところ、決済完了画面で決済エラーになっちゃいました。何で??何度やってもダメで、エラーメッセージに「クレジットカード会社に問い合わせて下さい。」的なことが書いてあったので、三井住友VISAカードのサポートデスクに電話で問い合わせてみると、「システムのセキュリティーチェックにひかかって、決済エラーになった。」との事。
そう、不正利用防止のために厳しくなったセキュリティーチェックで自分自身が決済できないという事態に見舞われたのです。
結局、その電話でその決済停止措置を解除してもらい、その後、そのネットサービスの画面に戻り、再度決済したら今度は決済できました。

デスクの人とは最後に、(確か)こんなような会話をしました↓
自分「でも、今後そのネットサービスは毎月利用することになるので、毎回決済エラーになってこちらに電話して決済停止を解除してもらうというのは手間がかかるので困るんですけど、どうにかなりませんか?」
デスク「お客様の場合、昨年にxxx社さんのほうで三井住友VISAカードのクレジットカード情報が流出してしまっているので、通常の利用者さんよりもシステムのセキュリティーチェックが厳しく働いてしまってまして。とりあえず私のほうで可能な期限(2月末)まではセキュリティーレベルを下げておきました。が、3月以降はまた元に戻ります。もし永続的にセキュリティーレベルを以前の状態に戻したいなら、カード番号を変えて再発行するしかないです。

むむむ。そこでようやくカード番号を変えるしかないなと思い至りました。
いろんなネットサービスやら引き落としのカード番号を変更するのは面倒だけど、たびたび決済が通らなくて電話で解除してもらうほうが面倒なわけで。面倒の天秤にかけた結果、カード番号を変えようと。

三井住友VISAカードのポイント付与率は低い(0.3%~0.5%=1000円で3~5円相当)

でも待てよと。
三井住友VISAカードのカード番号を変えても、他のクレジットカードにしても、どうせ各種のカード番号変更手続きがいるので、この機会に他のクレジットカードと比較検討してみようかなと。
割とクレジットヘビーユーザなので、どうせなら買い物利用額に対してポイントが貯まりやすいクレジットカードが良いなと考えました。
というかあまり考えた事なかったけど、この三井住友VISAカードってポイント付与率はどれぐらいなんだろうと。

そんなわけで、早速調べてみました。三井住友VISAカードのポイントサービスはワールドプレゼントと名称なんですが、1000円で1ptです。そのワールドプレゼントのポイントを各種の電子マネーに交換できます。
現時点(20167/2/5)でのポイント交換レートをまとめてみると下記のような感じです。

ポイント交換先 移行レート
(ワールドプレゼント1pt)
楽天スーパーポイント 5ポイント
nanaco 3ポイント
WAON 3ポイント

つまるところ、三井住友VISAカードのポイント付与率はおおむね0.3%~0.5%で、100円で0.3~0.5円相当に相当します。
これはあんまりポイント付与率良くないんじゃないかと今になって気付きました。情報弱者とは自分のことでした。トホホ((+_+))

てか、自分のクレジットカードの決済金額は年間100万円以上なので、ポイント付与率の違いはかなり大きな差が出てきます。
例えば年間100万円のカード利用だとすると、ポイント付与率0.5%の場合5,000ptですが1%なら10,000pt、2%なら20,000ptです。たった0.5%の違いで年間5,000pt、1.5%なら15,000ptも差が出ます。
そんなわけで、最低でもポイント付与率1%のクレジットカードを申し込んで使っていこうと思いました。
というわけで、サヨナラ、三井住友VISAカード。

どこか新しいクレジットカードを申し込んだら、徐々にネットサービス・引き落としの登録カード情報を変更していき、今年中の早いうちには長らくお世話になった三井住友VISAカードを解約しようと思ってます。年会費1250円(税別)ですけど、使わないなら解約したほうが良いのでね。
というわけで今年中にはサヨナラ三井住友VISAカード、ハジメマシテ「新クレジットカード」となりそうな感じです(^^)/

結論/今使ってるクレジットカード

※追記 2017/7/24
まず結論から言いますと、三井住友VISAカードは解約して、今は以下の2つのクレジットカードを新規申込して使ってます。以下さくっと紹介したいと思います(^^)/

【メイン】Amazonマスターカードゴールド

今はこのAmazonマスターカードゴールドが自分のメインのクレジットカードになりました。
自分の生活で買い物はネット通販での買い物が多くて、中でもAmazonを使う機会が非常に多いので、それならAmazonでのポイント還元率が高いカード、Amazonポイントが貯まるカードが、自分の場合はお得になりそうだなと思って探して見つけたのが、このAmazonマスターカードゴールドです。
なんとAmazonでの買い物はポイント付与率が2.5%(プライムデーは4%)、Amazon以外での買い物でも1%のAmazonポイントが付いてきます。
上述の三井住友VISAカードが0.3~0.5%のポイント還元率を比べると雲泥の差です。
てか、こんなカードがあるならもっと早く気付いてカードを切り替えるべきでしたね。反省(汗)
付与されるのはAmazonポイントなので、毎月Amazonで買い物している自分にとってポイントは普通に消化できるので、ポイントが有効期限切れになってしまうこともなさそうです。
今ではAmazonでの買い物も、それ以外でのショッピングでも、携帯料金などの毎月の引き落としも、全てこのAmazonマスターカードゴールドで行ってます。
というか、このAmazonマスターカードゴールドはAmazonで買い物が多いユーザには超おすすめなクレジットカードだと思いますよ。本当に。
ちなみにAmazonマスターカードゴールドについての詳細は以下の別記事にまとめているので、興味のある人はそちらも読んで頂ければと(^^)/

>>AmazonマスターカードゴールドがAmazon買い物ユーザに絶対的おすすめクレジットカードな理由

【サブ】楽天カード

そして、もう一つ申し込んで使っているクレジットカードが年会費無料の楽天カードです。
ポイント付与率は1%ですが、1%とはいいつつも楽天での買い物の場合、何かしらポイントアップのイベントをやっていることも多いので、1%以上のポイントが付くことが結構あります。
ちなみにこの楽天カードで貯まるポイントは楽天スーパーポイントとして楽天系サービスを利用する際にそのまま使えます。
自分の場合、Amazonと楽天の利用率を比べると、Amazonでの買い物のほうが多いですが、たまに楽天市場での買い物する機会もあるし、旅行する時にはホテルの予約に楽天トラベルを使う機会が多いので、楽天系での買い物・サービスの支払いにはこの楽天カードを使うようにしていますね。

そんな感じです。長々と書いてきましたが、クレジットカード選びの参考になれば幸いです(^^)/

岐阜県美濃加茂市のyossy(よっしー)
ブログの書き手:yossy(よっしー)
岐阜県美濃加茂市在住。1979年2月生まれ。♂。
趣味はギター・読書・グルメ散策など。
2015年2月から自分への備忘録・雑記としてブログを始めました。
身の回りの出来事・思った事・少しは他の誰かに役立つかもしれない情報などをフリーテーマで書き綴っています。
クレオフーガで気まぐれに自作した音楽をアップしてたりします。

ヨッシーのつぶやき

ギターを練習し過ぎると食欲がなくなるので、ダイエットに良い効果があるのかしれん。知らんけど。

人気の記事

月別アーカイブ

固定ページ

ページトップへ